人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[162] [167] [168] [166] [165] [164] [163] [161] [160] [159] [158]

 昨日6日、自転車仲間yamamenさんとタラの芽捜索ツアーに出掛けました。檜の花粉けむる森もものかは三瀬越え。金山林道へ入るや、タラを求めて鵜の目鷹の目。しかし、行けども行けどもあるのは無惨に切り取られたり、固い芽のものばかり。なんと収穫ゼロ〜〜!

 すっかり意気消沈、林道を下り三瀬を目指します。
『確か、このあたり評判のパン屋あるっちゃない〜』と、私。
『あ〜、この先左折したとこでしょう〜』と、yamamen氏。


 この「がせねた」が、総ての始まり。
 左折はしたが、パン屋のパの字もない。行き当たったのが「プロバンスの丘」の看板。その看板に誘われるように店を訪ねました。


 訪ねたものの、生憎レストラン部門はお休み!
 折角だからと、ハーブ販売の店をのぞいた。ここで店の女主との間にハーブを巡る話に花が咲きます。ハーブマジックでお肌は艶々、優しい笑顔の人柄にも惹かれ、ハーブ製品を購入、、。と、ここ迄はよくある話。

    

 ところが、食事ができないお詫び!にと、件の女主、前日のパンを振る舞って下さるという。店先のテーブルで待つ我々に、薫り高く温め直したパンに、ハーブたっぷりの極上バター、ハーブティー、更に、極上のドレッシングと共にたっぷりの新鮮ハーブサラダ!

  

 思わぬもてなしに、我々は優雅なレストランの常連気分。

 快晴の爽やかな空の下、おいしい食事とおいしい空気を満喫していると、更なるもてなし!!

 いつの間にやら姿を現したシェフ〜息子の村山幸司さん〜がサンドイッチを出して下さったのです。
 その美味しさといったら、、! 感動のジューシーさ、旨さ。こんなに美味しいサンドは初めてでした。すっかり満福満腹。このまま夢を見続けたい我々でしたがおいとまです。

  

 我々は、もてなしへの感謝を繰り返し、お二人はレストラン店休のお詫びを繰り返されます。

 最初は、お二人と何の縁もなかった、ゼロ縁⓪の我々。美味しいゼロ円⓪の食事(総てサービス、無料です!)をいただき、忘れられない御縁⑤を結ばせて頂きました。だから、⓪⓪⑤は幸せの番号!

 これ創作話ではありません。こんな素敵な家族が営む店、是非お訪ね下さい。ただし、水曜はレストランお休みです。お忘れなく!

 特に女性の皆さん(^^) 連絡いただければご一緒します。美食と美容と健康のために一度如何ですか?


コメント
ついてるオーラが出てますね!
サンドイッチおいしそう!(よだれ)
行ってみたいっす
しかし、ついてますね!
いや、つているんじゃなくて、そうなるオーラが出ているのでしょう!
だって、いつもメンバーで走ると「最高」ですから!
【2011/04/07 16:01】 NAME[グレッグおか] WEBLINK[] EDIT[]
無題
いやいや村稀マジック炸裂でしたね~。
やっぱ、村稀さんと一緒にいると良いことが起きます(笑)。
しっかし、出された食材が全てめちゃ旨かったのはビックリでした。近いうちに、プロバンスの丘ツアーを企画してくださいね~。

追伸:ハーブを栽培するために、荒れ果てた畑の草刈をしてきましたよ~。
【2011/04/07 17:01】 NAME[yamamen] WEBLINK[URL] EDIT[]
出会い
出会いっていうやつがあるんですね!
こんな出会いがあろうとは!
未だに、現実だったのかと思いたくなります。
常識的には有り得ない?

プロバンスの丘、言われなくても企画しますよ!
しか〜し、遊の谷の焼き鳥、清水滝の鯉のあらい、、、。
迷ってしまいます。
【2011/04/07 22:16】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
出会いに・・。
タラの芽収穫は、残念でしたが・・。それ以上のものをゲットできたようですね。先月のインド料理屋といい、今回のハーブレストランといい、村稀さんは、やはり、何か持ってらっしゃいます。
引きが強いんですよ、きっと・・。
【2011/04/07 22:26】 NAME[スマイリー] WEBLINK[] EDIT[]
感謝
私にとって一番大きな出会いは、自転車との出会い。
そして、皆さんとの出会いです。
これなくして今の自分はありません。

出会いに恵まれているのは間違いないかもしれません。
ネット社会の中で、生身の人間同士の出会いを大切にしたい。
そんな出会いと健康に感謝しながら人生を楽しみたい。
汗臭く、鈍臭く、人間臭く、よろしくお願いしま〜す (^_^)b
プロバンスの丘、5月にしましょうかね〜〜 (*^^)v
女性メンバーにも是非一緒に参加願いたいですね。
【2011/04/08 13:46】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
是非いや絶対!
行きたいです!ちなみにどのくらい登りがあるのでしょう?しばらく東京出張が続きますが、行ける日を夢見て頑張ります。
【2011/04/08 14:17】 NAME[はな] WEBLINK[] EDIT[]
三瀬峠だけです
登りは、三瀬峠の行き帰りだけです。帰りは行きの半分位。
行きは、鏡山より少しきついと思います。
東脊振トンネル経由の清水寺往復と比べると、かなり楽でしょう。
何しろ、山の反対側に行くだけ。往復70km程度ですから。
時間的にもゆとりがあるし、必ず完走できます。太鼓判を押します。
他の、男性メンバーのためにも是非参加下さい!
【2011/04/08 15:16】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30
最新コメント
[06/12 Cycle 86]
[06/11 pe]
[05/30 Cycle 86]
[05/29 グレッグおかぽん]
[05/29 Cycle 86]
[05/29 uruman]
ブログ携帯版