人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272]
 11日は、湯川山と幽霊坂に行く予定でしたが、朝の雨で断念!ああ、断念! ああ、残念!というわけで、今日12日、天気予報は微妙ですが自転車決行です。仲間のスマイリーさん、yamamen さんと三人でのツーリングとなりました。

 スタート時から空模様は微妙、脊振山系はすっぽり雲に包まれています。しか〜し、三人それぞれ走る気満々!超近場走のつもりで出たはずが『板屋に登ろうや』と、なりました。待ち受ける雲に向かっていざ〜〜!

 我ら紳士三人組、汗一つ流さず和気藹々、周囲の緑を楽しみポタリング。

 これぞ理想のサイクリングの姿!? てな展開にならないのが現実です。しっかり時間を計り、息を切らせての先陣争いです。σ(^^) そんな闘いの報酬、それは何十匹ものアブどもでした。

 君子、アブなきに近寄らず!荒い息のままに峠をパス。ここに向かいます!

 そう、仲間のグレッグさんの心の故郷 ──小河内の杉── です。
 やがてダムの底に葬られる運命の杉ですが、凛として空を衝くその姿は美事です。

 その杉を見下ろす橋、やがてダム湖に架かる橋、こやつを見てやろうと衆議一決!
 敵中横断三百里(^^) ものした写真です!

 

 この不届きへの天の怒りか?休憩していた場所の目と鼻の先の山に、空を切り裂き稲妻一閃!物凄い雷鳴に押っ取り刀、慌てて帰路に就いた三人組でした。雨に濡れたのは言うまでもありません。
 思いがけない出来事、これもまたサイクリングの楽しみです。

 


コメント
行きたかったよ~ん
こんばんは!
今日、行きたかったな~(涙)
僕は、せっせと働きましたよ~
それにしても面白いですね~
稲妻は冗談抜きで恐ろしかったでしょ~
雷に撃たれなくて良かったですね(笑)
【2012/08/12 21:36】 NAME[グレッグおかぽん] WEBLINK[] EDIT[]
ある実験
こんばんは!
いや〜、雷も怖かったけど、アブの方がより切実な脅威でしたよ。

グレッグさんには是非参加してほしかったですね。
実は、実験してみたんです。杉との対話!

 三人組:杉くん、こんにちは!
  杉 :・・・・・
 三人組:杉く〜〜ん!グレッグさんの友達なんだけど。
  杉 :・・・・・

しばらく語りかけたのですが・・。
私たちにはどうしても答えてくれませんでした。(^-^)
今度、また一緒して下さいね!
【2012/08/12 22:53】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
スイカの味・・
ワッキー主基の里(すきのさと)は、本当にイイですよね。アットホームな感じが凄く好きです。スイカにかけてくれた塩がまた、最高!!でした。実は、あの日の午後から、子供と滝巡り(花乱の滝、坊主ヶ滝)をした後、また寄りました所、なんと!弁当半額になっていて、地鶏おにぎりを2パックも買っちゃいました。しか~し、アブの攻撃には本当に参りました。
【2012/08/14 08:07】 NAME[スマイリー] WEBLINK[] EDIT[]
昔の味?
帰宅後の滝巡り、まさか自転車じゃないですよね?
いや、もしかしたら・・。

スイカに塩、昔はごく当たり前でしたが、近頃はとんとご無沙汰。
大袈裟ではなく何十年ぶり、という気がします。
実に新鮮で、美味しく食べました。懐かしい味わいでした。
ワッキー主基の里の皆さん、アットホームな応対で好感度満点ですね!

距離は稼げなかったけど楽しいツーリングでした!(^。^)
【2012/08/14 16:31】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
もちろん・・
自力ではないですよ・・。花乱の滝は、激坂とコンクリートでロードじゃちょっと無理ですが・・、坊主ヶ滝は、是非もう一度ロードで行きたいです。ただ、300mくらい歩かないと行けないのが難点かな?菅生の滝より僕は好きです・・、人が全くいなかったので(駐車場がないのが理由だと思われます)
【2012/08/14 17:42】 NAME[スマイリー] WEBLINK[] EDIT[]
スマイリーさんへ
 曲淵ダム脇のトンネル手前の道を左折して、滝に行った記憶があります。
確か自転車で行きました。あれは、坊主ヶ滝ですかね?
沢(滝)にかなり下っていったのを覚えています。
8月最後の日曜は滝巡りツーリングにしようかと思っています。
三瀬に登る前に坊主ヶ滝に寄っても良いですね!

 昨日は別府輪行の旅が流れましたが、機会があればまた挑戦したいですね。
【2012/08/15 07:56】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
トンネル手前の
石釜亭を左折して登るのが、花乱の滝です。坊主ヶ滝は、ポプラの手前の橋を左折して、千石荘へ行く道の途中から更に左折して行きます。滝修行体験ができますよ!
【2012/08/15 21:56】 NAME[スマイリー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/21 Cycle 86]
[07/21 uruman]
[07/20 Cycle 86]
[07/20 Cycle 86]
[07/20 ryo]
[07/20 堤 里砂]
ブログ携帯版