人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303]
 いよいよ師走!今年もカウントダウン開始。寒さも募ってきましたが、皆さん元気にお過ごしですか?無理をせず、ご自愛下さい。

 私にとっては年間目標達成に挑む最後の月。早速エンジン始動です、、、。しかし、1日は校区歳末防犯パレードで10時半開始。午前中一杯を盗られ取られ、自転車は整備だけで終わり。(>_<)

 やむなく夕方大濠公園へ。勿論ラン!最近はランに熱くなることが多くなりました。手応えを感じるようになったからか?1日の記録も満足できるものでした。

 走り終えて、公園のイルミネーションの写真を撮ります。

 あくまでブログ用。個人的にはイルミネーションは好きでない。電気の無駄としか思えません。その美しさも夏の蝉の鳴き声や蛍の光のように儚いものに思われます。本当の美しさは自然の中に潜んでいるもの、発見すべきものだと思います。

 で、昨日2日は勿論自転車。仲間4人と久し振りに米の山へ!目当ては展望台からの眺め。残念ながら鈍色の雲が広がり寒々とした景色です。

 しかし、これはこれで季節に相応しい景色だと思われます。
 なんて言ってられるのは、ほんの数分。さむい、ざむい、寒すぎる〜。気温3℃!

 急いで下ります。しかし急勾配で急げない。どころか、必死にブレーキをかけ続けます。しか〜し、ブレーキを引く手が痛い!寒さでかじかんで動かない!寒さに震え痛さに耐え、やっとの思いで山を下ります。ブルブル震えながら温かい店に駆け込み寺!(^^)

 温かい食事で人心地ついて一言『今日はこれでやめようか?』
 『え〜〜、もう?』、、、なんて事にはならないならない!
 衆議一決、帰路に就きます。帰宅は何と昼前!!

 暖房の効いた部屋で、ビールを飲みつつ福岡国際マラソン観戦。自分がマラソンを始めたからか、以前より身近に感じます。

 しかし、最後に非常に不快な思いをしたテレビ中継でした。
 何故?ゴール後のインタビュー。優勝のギタウ選手は中継なし、2位堀端選手だけ。これは失礼を通り越して無礼・非礼。だと思いませんか?

 夕方、またまた大濠ランに出掛けました。その時の写真です。

 イルミネーションと自然の夕焼け、あなたはどちらの美しさに軍配を上げますか?

 
 今日3日、相変わらず自転車への意欲不足を感じますが、志賀島は潮見公園までを往復。さすが悪魔を返り討ちにするのは容易ではなさそうですが、徐々にペースを取り戻すことにします。

コメント
無題
幻想的な夕焼けですね。こちらに軍配です。
葉っぱのない木のシルエットもvery goodです。

私も、16日のレースが終わったら、ランに力を入れようかな、と思ってます。
自転車で山に登って行くのは楽しいのですが、下りのことを考えると、凍えそうで、ちょっとおっくうになってしまいます(≧∇≦)
【2012/12/03 20:16】 NAME[lucky-pine] WEBLINK[URL] EDIT[]
嬉しい!
ですよね〜!lucky-pine さんの軍配、嬉しいです。(^^)
葉っぱのない木、多分ケヤキだと思いますが、凄く気に入りました。
主役は、夕焼け?それともケヤキ?

この時期は、確かに自転車での長い下りは地獄ですね。
もっとも、私は年間目標達成のために、ある程度は覚悟・・!?(×_×)
ラン、いつか合同錬ができれば楽しいですね。
【2012/12/04 05:26】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
無題
おはようございます。

自然と人工物なんて比較できませんよ。
だって人工物に本当の感動は無いと思っていますから。。。
人工物で何かを生み出せれば感動出来ることもありますが着飾るだけでは。
何かに踊らされているかのように今からのシーズンはイルミネーションだらけになりますよね。
隣家と競い合うようなイルミネーションは私も嫌いですね。
江戸っ子は裏地にこだわるもんですよね!
ってあっしは江戸っ子じゃねーな。てやんでぇーめっ。
【2012/12/04 08:43】 NAME[釣岳人自転車操業中] WEBLINK[URL] EDIT[]
一瞬の輝き
写真も記事も大変感銘を受けました!
人間が作ったイルミネーションには、継続性はあるかもしれないが、所詮俗物ですね。
木枯らしが吹くこの季節、改めて自然の偉大さを感じ、もっともっと五感を研ぎ澄ますようにしたいと思いました。素晴らしい写真、ありがとうございました。
【2012/12/04 08:49】 NAME[スマイリー] WEBLINK[] EDIT[]
一瞬の輝き!
一瞬の輝き。いい言葉ですね。
私自身も、一瞬の輝きを求めているのかもしれません。
輝けるかどうかは別にして、一瞬でも輝けるように生きたいです。

イルミネーションの美しさも、時には疲れた人の心を癒すのでしょうね。
拒絶するものではありません。しかし、所詮は虚飾。作り物。
生死があり、盛衰がある、生き物・人間・自然を相手にしたいと思います。
【2012/12/04 21:36】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]
驚愕人さんへ!
自然満喫、人生満喫の釣岳人。その感性は驚愕人!

中学生の頃までは、我が家の庭にもホタルが飛んでいましたよ。
ボーッと頼りなげな光を夢中になって追ったものです。
イルミネーションは、基本的に光りっぱなしですもんね。滅びの美がない。
自然の美しさに感動するのは、人の命や人生に重なるところがあるからでは?

まあ、理屈はどうでもいいですね。
要は、自然を相手に楽しみを追い求める我々は幸せっちゅうことですよね!(^^)
【2012/12/04 22:01】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/20 Cycle 86]
[07/20 Cycle 86]
[07/20 ryo]
[07/20 堤 里砂]
[07/19 Cycle 86]
[07/19 グレッグおかぽん]
ブログ携帯版