人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216]
 前回紹介した最強マシン、乗りこなす迄にはかなりの時間が必要な気がします。何しろ平地でも結構ダンシングが必要になりますから〜〜〜!(-。-;)

 昨日の難所ヶ滝登山で膝を少々痛めたようで、今日はランニングは休み。早速最強マシンで挑戦することにしました。思い切って三瀬峠を目指します。

 東入部の田園地帯を走ると前方に見えるのが脊振山系。写真の左側、雲に包まれたのが背振山、右側奥に遠く薄く雲がかかっている高い山が金山。三瀬峠は金山の更に右方向にあります。天気が心配ですが予定通り走ります!

 曲淵ダム貯水池に着く頃には寒さなど関係なし、暑さと疲れでヘロヘロ状態。ウインドブレーカを脱いで気合いを入れ直し前進あるの〜み!

 やっとの思いで三瀬タイムトライアルのスタート地点到着。ここまでは何とかアウターで頑張りましたが、ダンシングの多用で既に限界!あっさりミドルに落とします。(フロントはトリプルです)

 脚と腰に張りと疲労を感じながらも懸命にヨロヨロペースで走ります。その辛さを知ってか知らずでか、一台の車が後ろからチンタラチンタラ付いてきます。『早く先に行ってしまえ!』と怒鳴りたくなる自分を抑えひたすら耐えて走ります。物好き〜〜!

 心配した雪はほとんどありません。道路脇に何カ所か見かけただけ。朝夕は心配ですが、昼間の自転車通行に支障はありません。

 ドライバーの冷たい視線にも負けず何とかノンストップ制覇。
 しか〜〜し、そのタイムの素晴らしさ。距離4.63㎞、所用時間31分34秒、平均時速8.8㎞。
 年末年始に懲りて、風邪対策にタオルで汗をぬぐう私に再び投げかけられる好奇の目に一人落涙したものでございます。(^o^)

 今日のタイムがこれからの新標準タイム。どこまで記録短縮ができるか?楽しく挑戦します。

コメント
こんばんは。

ドライバーからの冷たい視線!(◎_◎;)

慣れて来ちゃいました。

私もアルミ自転車は中々の重量級ですが村稀さんの鉄檻自転車に比べたら軽いかも。

自転車は軽い方が楽に走れますが機能や実用性が下がってしまいますよね。

私ももう一台自転車を持っていたら鉄檻付き自転車が欲しいです。

自転車に付けたキャリアに夢と希望とロマンを乗せて旅したいですね。
【2012/01/16 21:17】 NAME[釣岳人自転車操業中] WEBLINK[] EDIT[]
驚き桃の木釣岳人(^0^;)
何気なしに吾がブログを見ていて(゜◇゜)ガーン
何とコメントを頂きながら返事を、、、。
今更ですが〜〜。

私のリヤカー、重量は14キロ超です。
旅本番では、同じかそれ以上の重さの荷物!果たしてどうなるやら?
そのうち、バッグに鉄アレイでも積んで油山かな???

年内に、一度は荷物を積んで旅をしてみたいと思っています。
釣岳人で企画があれば乗ります!よろしく、、(^^)
【2012/01/25 08:41】 NAME[Cycle 86] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/11 Cycle 86]
[12/11 来年は眼鏡年?]
[12/08 Cycle 86]
[12/08 kanaG]
[12/06 Cycle 86]
[12/06 uruman]
ブログ携帯版