人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245]
 24日午前零時5分、我が家を出発。鹿児島弾丸ツアーのスタートです。願わくは枕崎へ!叶わぬ場合は鹿児島へ。

 福岡・鹿児島を自転車で走るのは最低9〜10回目の筈ですが、やはりスタート時の若干の緊張と不安は変わりません。無事に帰り着くだろうか?ある程度の覚悟はしているつもりですが、一人旅となるとしばらくはペダリングは上の空。

 スタートから1時間、筑紫野市高雄交差点通過。2時過ぎには何という偶然!東日本大震災に際し募金活動で協力いただいた、久留米サイクランドシライシ前通過。更に3時過ぎには八女市の道の駅たちばなを通過。風が強く?ピンボケ写真。f(^ー^;
  

 と、ここまでは順調!ところが小栗峠を上る時に、闇夜に現れた電照菊?のハウスの郷愁を誘う温かい光りに気持ちをそそられたのが運の尽き!シャッターが止まりません。

 4時前小栗峠を越えると様子は一変濃霧の世界!幻想的な風景に魅了され連続シャッター。道路はドライアイスの白煙に覆われたようです。ダンプカーが白煙をかき分けて爆走。視界が悪く、折角の下り坂もスピードは控え目。
 

 4時半には山鹿の市街地を抜け、5時半には熊本市中心部を通り抜けます。この間徐々に白んでゆく空は息をのむ美しさ。
 

 白川を渡る頃には東の空はかなり明るくなっています。

 そして、6時少し過ぎ、熊本・八代間で日の出の時を迎えました。何とも言えない神々しさです。

 

 7時過ぎ八代市街を走る頃、人や車の動きも多くなります。ここ3〜4回の徹夜ツアーでは夜の帳の中に眺めた無機質な工場の煙突が、妙に人の息遣いを感じさせてくれます。

 ナイトツーリングの魅力をたっぷり味わった鹿児島ツーリング前半でした。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/12 Cycle 86]
[06/11 pe]
[05/30 Cycle 86]
[05/29 グレッグおかぽん]
[05/29 Cycle 86]
[05/29 uruman]
ブログ携帯版