人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3]
 旅の二日目30日は、青春?の蹉跌に始まった・・。

 大山の夜明けの写真を物しようと、ランシューズ履きで、
ジョギングウエアも準備したが、山中のホテル周辺を朝まだ
きより走るのはちと怖い。残念ながらランは諦めた・・。

 しか〜し、その無念はすぐに癒やされた。


 大山から続くなだらかな山すその景色に心を奪われた!
 あちこちのススキと共に深まる秋の物悲しさを漂わす。


 大山以上に我が心を奪った景色、、、



 足立美術館の和みの情景。

 展示されている絵画も一流、見入ってしまったが、庭園の
素晴らしさも超一級!

 じっくりと眺めシャッターを押し続けました。
 下手な解説は加えません。








 一日じっくり時間をかけて味わいたい場所だった。

 感動で一杯。すぐにも帰りたい気分だったが、最後の目的
地出雲大社へ向かった。

 一番印象に残ったのは日章旗。その広さ何と75畳!



 傍若無人な観光客に腹立たしさを覚えうんざりしていた身
には、青空に凛とはためく国旗が何とも気高く感じられた。




 人口減少期を迎えた日本、超高齢化社会を迎える日本。
 日本、そして日本人よ! 凛としてあれ!

 不慣れなバス旅、弾丸旅行でいささか疲れたが、添乗員さ
ん、熟練のガイドさんに恵まれ、深く心に刻まれる旅になっ
た。仲間・友人との旅の楽しさは格別だ!

 次回はいつ? と、早くも次を期待する自分がいる!


 群青の空を背に白亜の城が眩いばかり。
 29日、最初の訪問地は姫路城、白鷺城の別称なるほどと
納得させられる。


 姫路城は多分3度目の訪問。しかし、これまで2回は自転
車旅行で立ち寄っただけで、内部を見物したことはない。

 今回は気が置けない仲間と新幹線+バス+酒の気楽な旅。
 気分は殿様旅行!

 いよいよ初の城内探訪。


 結構歩かされる。武士たちにとって登城は鍛錬だった?
 坂道ダッシュには申し分ない環境!


 大天守最上階からの眺め。




 その大きさに圧倒された柱や梁などの写真も披露したいの
は山々だが、我が撮影技術が及ばなかった・・。

 一言付け加えると、お城を眺めながら思い浮かんだのは被
災した熊本城の姿だった。熊本城の雄姿が蘇るのはいつ?

 朝ラン・朝酒そしてバスの心地よい振動の相乗効果で、鼻
ちょうちんを膨らまし夢見心地。

 気が付けば眼前に広がるのは、、、
 ご存知、鳥取砂丘! こちらも車で立ち寄るのは初めて?




 砂場で遊ぶ大人たち。
 鳥取県にはスタバはないけど日本一の砂場はある。
今はスタバもあるそうだが、すなば珈琲行きたかったネ!

 さて明日は?
 なかなか自転車に熱が入りません。あと1200㎞で年間目標達成!と、わかっていながら拘る気持ちが起きない。むしろランに気持ちがあります。4日は大濠12㎞ランで、ハイペース(私にとって)走が7㎞にまで漕ぎ着けました。勿論ランの年間目標1500㎞は楽勝クリア。\(^O^)/

 自転車は、5日に久々の四王寺山。寒かったけれど良い眺め。

 標高が高くないからでしょう、こんな紅葉も楽しみました。

 しかも、腕時計での計測では16分30秒前後で登頂して自己新記録!?この勢いで、年間目標もクリアしたいものです。

 今回は、しかし、運動よりは私の購入物のご紹介です。
 購入トップが身の安全確保のヘルメットであるのは当然です。
 そして、久々に本を買いました。

 『ソロモンの偽証』は衝動買いか?届いてビックリ、それぞれ700ページを超える3部作の長編。果たして読み終えることが出来るか・・。速読の訓練を兼ねて読むつもりです。『新・堕落論』は石原慎太郎の著。物質的な豊かさを追求する余り、心の「貧困」に陥っている現状を憂慮する書でしょうか?深い共感を覚えながら読んでいるところです。

 第3の買い物は、何年振りになるか音楽CDです。
 新聞の記事を読んで即天神のYAMAHAへ直行しました。

 本と違って、どなたにもお薦めする訳ではありませんが、、。

 本格的な寒さ到来!皆さま風邪など召されませんように。


 ちょっとばかりセンチメンタルに過ぎるタイトルでしょうか?

 しかし、本当に掛け値なしの祈る思いで自転車を走らせました。時間は3時間弱しかありません、脚力を考え二丈福井の福井浜を目的地にします。

 何故福井浜なのか?それは9日の糸島半島ツーリングでの衝撃が原因です。Team Cycle 86 のチームブログでご覧頂いた方もあると思いますが、ここにも掲載します。

 白糸の滝を訪ね、加布里経由で芥屋へ向かっている時でした。前方の木立が赤茶けて異様な様相を呈しているのに気が付きました。

 松食い虫の被害なのでしょうか?芥屋カントリー倶楽部前後に広がる松林が無惨な姿を曝しています。思わず自転車を止めて写真に撮ります。

 心安らぐはずのツーリングが、心騒ぐツーリングになりました。関心はどれほど被害が広がっているかということでした。芥屋から野北、二見ヶ浦と進みますが、被害状況は変わりません。博多湾側に行っても同じような景色があります。
 松林全体が茶色くなっているところもあります。

 残念ながら、程度の差こそあれ海岸沿いの松原総てに被害は及んでいるようです。福岡市街域に近い生の松原にも赤茶けた松が見られました。

 自転車仲間の情報によれば、東区の奈多海岸でもかなりの松が枯れ伐採されたそうです。

 私たちの近くでそんな事態が進行していることを、先ずは少しでも多くに人に知ってもらいたいと思います。

 日本三大松原の一つである虹ノ松原にだけは被害の拡大を許さないでほしい!それが私の願いです。現状を少しでも早く自分の目で確かめたい。そんな思いからの今日のツーリングでした。

 時間の関係で、虹ノ松原のかなり手前のJR大入駅と福吉駅間にある福井浜の松原へ行ったわけですが、残念ながら、祈りは叶いませんでした。

 福井浜よお前もか〜〜!の心境です。

 虹ノ松原は・・・?

 このところ、『あらゆる事に鈍感でいよう』と達観したような気分になっていました。『反省〜〜ぃ!』鈍感であり無関心であることは物事の解決にはなりません。

 皆さん!この松枯れをどう思われますか?
 7月、最も心が燃える筈の月です。しかし、阿蘇望の中止も決まり全くもって盛り上がりません。もっとも、21日時点で、自転車428㎞、ラン104㎞の現状では、中止の決定はむしろ救いの神的な出来事なのかもしれませんが、、、。

 何とかして、月間走行距離だけはクリアしたい気持ちはありますが、残る10日間で達成なるのか?その後の状況報告をと思っていたところ、ニュースに遭遇!電撃的なイチローのヤンキース移籍の報です。

 阪神タイガースの永いファンである私ですが、自転車・ランを始めて、自分で身体を動かすことの魅力に開眼して以来、すっかり熱が冷めました。タイガースの勝利・活躍のニュースは嬉しいのですが、テレビ中継を見ることもなく、レギュラー選手の名前もほとんど言えません。しかし、イチロー選手は別格でした。私はマリナーズファンであり、それ以上にイチローファンです。

 孤高の姿が好きです。しかし、年間200安打が途切れ、心の張りを失ったのか、ここ2年の成績にやきもきしていました。プロ野球中継の観戦は年間数試合(あるかな〜〜?)ですが、マリナーズの試合中継は月間数試合、年間優に数十試合は観ます。移籍発表の記者会見も中継で見ました。流石にイチロー選手の目も潤んでいたようですが、『環境を変えて刺激を求めたい』というその衰えぬ挑戦心に脱帽です。

 会見から僅か数時間、セーフコ球場での対マリナーズ戦!!第1打席、シアトルの観客に深々と頭を下げる姿に感動しました。勿論移籍後の初打席、初安打にはしびれました!

 今年、後半戦でどれだけの成績を残すことができるか?これでイチロー選手が更なる活躍をみせるか、引退する事態になるかが決まる気がします。ヤンキースでの今後のイチローに注目したいと思います。そして、できれば新たな伝説を創ってほしいと思います。

 インターネットの時代、既に時機を失した記事ですが、書かない後悔をしたくないと思いました。ご容赦下さい。




カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/21 Cycle 86]
[03/19 maple]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 maple]
[03/18 uruman]
ブログ携帯版