人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
 時は23日午前3時、いよいよ鹿児島ツアー最終日。
 我等4人の戦士の行軍開始! 空には月と星。雨の不安はない。しか〜し、この後半の後半にこそ今回ツアーの最難関が待ち構えている。

 いちき串木野から国道270号へ。最初は順調に推移、しかし徐々に上り坂が連続して立ちはだかる。これでもかこれでもかと言うように・・。

 6時前、金峰町のコンビニで休憩にする。メンバーの辛そうな表情が気に掛かる。それぞれがぎりぎりで走っているのだ。さらに難敵出現! 夜明け前の写真を撮ると・・。


 雪が降ってる〜〜! な筈ありません、火山灰!
 フラッシュ禁止設定で撮ると、、、


 桜島から随分離れてるのに・・。

 体調と火山灰のダブルパンチ。長めの休憩の後、体に鞭を打って先へ進む。美しい眺めだけが疲れを癒してくれる。南さつま市加世田の万の瀬川の夜明け。川に映った朝焼けが心を捉える。


 加世田市街地を過ぎると再び長い上りが続く・・。既に疲れた体にはボディーブローである。晴天という悪天候の中、苦しさメーターが振り切れそうになったその時、一軒の店と自販機出現。


 今回のツアーで最大感謝の店である!
 失礼ながらお歳を召した女主が、冷えたペットボトル入りの茶を我々一人一人に下さったのです! 有り難く頂いていると再び姿を見せて、今度はミカンを! 更に、車で戻られたご主人が飴の差し入れ!!

 創作ではありません。事実起こったままです。
『商売にならないでしょう?』と私。
『ならん、ならん! 年金がなくなったらお仕舞い』と屈託のない女主。
 我々唯々感謝するばかり。せめてもの恩返し? 全員が自販機で飲み物を買って、今は店に入って姿の見えない女主に『ありがとうございました!』の声を残して出発しました。心も、疲れも癒された。私には最大、奇跡の出来事でした。
 
 店を出た後は順調な走り、私のいい加減な過去の記憶のお陰もあり、我々の想定より随分楽勝の枕崎行きとなったのです! ほぼ予定通り朝7時過ぎの枕崎入りでした。

 市街地は通り抜けて火の神公園へ。


 太平洋の青さが目に染みる!
 そして、映画『俺たちの大和』ロケ地からの眺め。


 公園から枕崎へ引き返す途中の眺め。海の向こう、朝の光りの中に見えるのが開聞岳。目指すは更にその先にある山川駅・・。


 枕崎へ戻ると、予定通りそれぞれの体調により分散行動。輪行組と、自走組に別れ、山川で合流することに。

 私は自走を選択、最初の試錬が枕崎脱出。市街地から町の外れまでの長い坂は、340㎞以上走った身には辛い! しかし、その報酬がこの景色。枕崎を抱きかかえる心意気! 同じく自走のグレッグさんお得意のポーズで決める!


 この先ひたすらアップダウンの繰り返し・・。その数30回!? その試錬の道の希望の光。それは、だんだん大きくなる開聞岳の山容!


 その後温泉に立ち寄り、汗臭い服を着替えたは良いが、道に迷ってまたまた大汗を流したのは貴方との秘密。

 山川から鹿児島中央へ向かう車中、桜島の噴煙と降灰の酷さに圧倒される思いがしたのは公然の秘密?

 走行距離392㎞。最後は徹夜ツーリングの感動を反芻しながら、ビールが五臓六腑に染み渡るのを楽しんだ新幹線車中でした。


 例年3月実施の鹿児島徹夜ツアー、今年は9月、しかも鹿児島は山川へとより距離を延ばして実施です。22日の
8時過ぎ、鳥栖のコンビニで全メンバー揃い踏み! 参加はスマイリーさん、グレッグさん、ヒデローさんと計4人。

 ヒデローさんの自転車がパンク、
八女のコンビニで休憩です。そのコンビニでの写真。


 青い空が恨めしい・・。この時期、長距離ツアーには時として晴天は悪天候でしかない!


 小栗峠を越えて熊本県へ。暑さは更に募るばかり! 予定より先まで走る案もあったが、またまた山鹿こだわり亭! 私は定食に加えて迷わずばくだんニンニクも・・。
 

 それにしても暑さが半端ない。夏である! 暑さが肌に突き刺さる! 熊本市街地を過ぎて撮った写真。青空と白い雲が・・・。


 余りの暑さに体調を崩すメンバーまで・・。八代からはメンバー減か? 顔色も悪く、本当にそう覚悟したほどです。ここで起死回生の最終兵器、ロックアイス! 
ロックアイスをヘルメットの中に入れて被る。ただそれだけのことだがこのロク・ヘル効果抜群! 皆さん是非お試しを。

 八代近くになっても存在を誇示する青空に白雲、しかし、もはやわれわれの敵ではない!


 全員無事に、ほぼ予定通り新水俣着!


 水俣市街のガストで夕食。しかし、ここで難敵出現。新たな試練が我々を襲います。なんと『雨』!!  嘘だろ〜! 予報と違うじゃないの? 窓の外の車の屋根で
雨が勢いよく弾け飛んでいます。

 少し小降りになって出発! そこで、何故こうなるの? パ〜〜〜ンク! 本日二度目のパンク、雨もまた本降り。時刻は午後8時過ぎ・・。

 夜道を飛ばす車に怯えながら、雨の中を走る我等4人! しかし、神は我等に微笑んでくれました。ピンポイントのゲリラ雨で終わったのです。

 傷だらけの我々を優しく迎えてくれるのは、薩摩川内のいつものファミレス。それぞれが2人前をペロリ! そして、午前3時の出発までしばしの休息を貪る戦士でした。
 
 第2日の展開や如何に? 我々を待ち受けるのは?


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30
最新コメント
[06/12 Cycle 86]
[06/11 pe]
[05/30 Cycle 86]
[05/29 グレッグおかぽん]
[05/29 Cycle 86]
[05/29 uruman]
ブログ携帯版