人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2]
 最近の天気予報は酷い・・。暑さに泣いた福岡マラソン
然り。そして今日13日朝。いざ出発と玄関を出て唖然。
街灯の明かりに濡れた路面が光ってる・・。嘘だろ! 予
報は確か降水確率0%? それとも10%だった?

 こりゃ誰も来ないなと諦めながらも出動! 少なくとも
曇り後晴れの予報、いざとなれば一人旅さ!

 しか〜し、集合場所には urumanさんにグレッグさんの
姿。Ricco さんが急用で不参加は残念だが、この雨の中物
好きが揃ったもの、、、。(笑)

 予報は、しかし、一向に当たる様子はない。朝倉辺りで
雨はやや治まったが、、、


 雨に濡れ冷たい靴下。堪らずコンビニで靴下とカイロ購
入。しかし、濡れたタイツは如何ともしがたく、その冷た
さのせいか原鶴を過ぎる頃には脚が動かなくなる・・。

 ペースは落ちるが何とか食らいついて、今日のお目当て
サバ寿司の待つ天ヶ瀬一番列車到着!

 予約したのが正解だった。店先のサバ寿司は売り切れ、
追加注文予定のこんにゃく寿司も売り切れ・・。私の他は
ここのサバ寿司お初だが、店の雰囲気・おもてなし共々気
に入ってくれたようだ。


 居心地の良さにもっと長居したいが先を急ぐ。相変わら
ず時折雨が落ちる天気だが、何とか伐株山の豊後森到着。
赤い柿の実に季節を感じる。


 福岡から豊後森まで100㎞。別府まで150㎞。残す
ところ50㎞。空模様は依然微妙だが、豊後中村か由布院
からの輪行も視野にツアー続行決定!

 これから50㎞が一番辛い。先ずは豊後中村から水分峠
の長い上り。しか〜〜し、苦しい上りの先に感動はある。


 雲の下に広がる由布院の町。




 由布院を抜け絶景を眺めながらの長い坂を上りきるとそ
こは由布岳登山口。

 登山口では日本二百名山一筆書き踏破中の田中陽希さん
が下山してくるとかで朝から待ち受けているという人もい
た。余裕があれば会いたかったが残念ながら・・。

 登山口から先は下り坂のご褒美。さらに、雨の中を走り
苦しい上り坂に耐えた我々に天は最高の計らいを準備して
くれていた!

 深く青い空。遠く連なる山並み。二つを分かつ白い雲!






 この景色を前にすると今日の総てがこのためにあったん
だと思えます。曇り後晴れ。酷い天気予報も最後に当たっ
たと許せる!(笑)

 福岡〜別府150㎞の旅。今日も顔晴って良かった!

 uruman さん、グレッグさん、また一緒しましょう!

 スタート直後、対向車の無謀女性ドライバーによる自転車
無視のいきなり右折で、グレッグさんがあわや衝突のハプニ
ングでヒヤリとしたものの、その後は順調に走ります。

 朝の光を受けて夜露を光らせる稲田の景色が我々の走りを
応援してくれる。甘木でヒデローさんも合流。更にペースが
上がります。

 急ブレーキ!!

 何が起きたのか分かりませんでした。最後尾を走っていた
私は目の前に迫った先行車との衝突を避けようとしたものの
時既に遅し・・。

 車道に倒れかかったのは覚えています。その後一瞬の記憶
が定かではありません。対向車線の車がすぐそばを通り過ぎ
る音を耳にしたような・・。幸い後続車両がなく重大事故は
免れました。

 我々の走る国道に脇道から軽自動車が飛び出し、突然行く
手を塞がれたのです。軽自動車は我々が転倒したのに気付い
たがそのまま走り去った・・。杷木町での出来事。


 上の家の親切なご主人が事故に気付いて救急薬を提供して
くれた。これがなかったら杷木町への印象は最悪になってい
ただろう。

 応急手当、自転車修理で30分ほどロスしたけれど、何と
か気を取り直しツーリング続行!!

 暗いニュースを忘れるため走りに集中! 話も一気に飛ん
でここは小国町。


 小国からが上り坂本番。稲田、彼岸花、遠い山並み、それ
に秋の青空に気を紛らわしながら坂に挑みます。

 黒川温泉前後から瀬の本高原、ここが一番手強いかな?
 やっとの思いで瀬の本高原着!


 ここで昼食にありつきます。私はざるうどん定食を頂きま
した。1000円。とても美味しく頂きました。


 食事中に情報収集し今後の予定確認。豊後森発3時44分
普通列車乗車を目指す。現在時刻午後1時過ぎ。かなり厳し
いがこれを逃すと次の列車は5時過ぎ・・。

 で、1時15分瀬の本高原を後にし、やまなみハイウェー
を上り始める。我々の背後には遠く阿蘇の景色が広がる。


 ハイウェーを筋湯温泉への分岐点まで上れば、こっちのも
の。後は下り基調の道を疾走するばかり。の筈、、。

 そして、待望の分岐点到着! 眼前には絶景と急勾配の下
り坂! 景色も気持ちも最高!!


 やがて続く緑のトンネル。そのトンネルを潜って疾走!
鼻歌交じりの爽快ダウンヒル!


 突然上り坂出現・・。しかし、いくつか上り坂があるのは
織り込み済み。またすぐに下り坂。我々の鼻歌は続きます。

 しか〜し、またしても坂登場。しかも長〜い・・。続く、
続く、まだ続く・・。瀬の本までの厳しい坂を淡々と走った
我々。しかし、今度の敵は余りにも手強い!


 やっと辿り着いた八丁原発電所手前スキー場付近の眺め。
ここで3人の意見が一致、『もうこのコースは二度と走らな
い!』 途中何度停めよう、歩こうと思ったことか!

 2時半が迫る。場所は筋湯温泉の分かれ道。3時44分の
列車に乗るには豊後森到着3時15分が絶対必要条件!

 ここで苦肉の決断! 絶景とヒゴタイ待つ四季彩ロードは
断念・・。初めて走る旧道に運を任せる!

 『ヒゴタイツアーじゃなかったっけ?』
そんな声にお答えします。『走ったコースが肥後タイ!』

 旧道に入ってからは下り基調になりました。ヒゴタイとの
ご対面なしは残念でしたが、疲れ切った我々には地獄で仏の
下り坂でした。


 その後も時折出現する厳しい上り坂に諦めそうになること
もありました。しかし、名も知らぬ山々の織りなす広大な景
色が我々に最後の力を与えてくれました。


 そして、最後に天は我々に味方してくれたのです!

 何と! ほぼピシャリ3時15分、我々は豊後森駅前に自
転車を降り立ったのです。しかもほぼ同時刻に『七つ星』を
停車させる演出付きで!! 何と粋な取り計らい!


 奥に停まる黄色い列車、我々が乗る普通列車です。乗車す
るやいつもの車内慰労宴会。冷たいスーパードライが喉を爽
快ダウンヒル! 一日の無事に感謝。そして健康に感謝。

 終わってみれば超ドラマチックなツーリングでした。
 グレッグさん、ヒデローさん、心配させて申し訳ありませ
んでした。これに懲りずまたご一緒下さい。

 瞬間参加の urumanさん、次回は完全参加お願いします。
 原尻の滝! 一度は是非訪ねてみたい所。
 これほどの景色は滅多にナイアガラ!!

 先ずは滝のそばからの写真。




 滝の向かい側にある吊り橋からの写真。




 そして、河原からの写真。




 18日、マッコチさん、Riccoさんと3人で行きました。


 マッコチさんは高校生時代ここを共に訪ねた友人夫妻と感動の出会い! 橋上に立ち青春時代に思いを馳せる二人。


 吊り橋から下流を眺めると、


 最後にもう一度原尻の滝。


 瀬の本よ、阿蘇よ、九重よ、今日の冷遇許してたもれ!








 坂また坂の挑戦にアウター縛りで奮戦した155㎞の苦っ楽しいツアーでした。仕事やら体調不良で参加できなかった皆さん、秋の再企画にご期待を!

 最後に、最年少根性マン、Riccoさんが往復自走で福岡へ戻ったことを付記して終わります。アン信ジラブル!!
 連休後半初日の3日、自転車仲間のスマイリーさんとツーリングに出かけた。朝6時福岡を出発。

 予報に相違して曇り空の下淡々と走る。R201で八木山峠を越え筑豊入り、8時半過ぎ道の駅糸田で一休み。


 道の駅は連休客が多いせいだろう、開店前にも関わらず駐車場には多くの車・・。先の長い我々はさっさと出発。
 県道58号に入り築城を過ぎ豊前に近付くにつれ車が増え遂には渋滞・・。我々は周防灘を望む景色を楽しみながら車を追い越していく。


 軽く100台は追い抜いただろうか? こんな状況が2度3度・・。そこをスイスイ、正に自転車様々だ。R10をひたすら走り午後1時過ぎには宇佐近く、橋の欄干も赤く塗られている。


 宇佐市街で昼食を取ると宇佐神宮には道路からご挨拶でお許し頂き、別府目指してひた走った。
 杵築のハーモニーランドへの上りをクリアすると快適な下りが続き、、、


 晴れ渡った空と別府湾! 高崎山そして遠く大分の街!

 3時半、別府市街到着。別府港近くの海岸からは対岸に国東の山並みが見えた。


 今日はツール・ド・国東の日、この暑さの中激走する仲間に思いを馳せる。

 この後大分でR10に別れを告げR197へ! これから先は私には未知の道。走って驚いた! 凄い道路である。片側3車線、勿論歩道もある。更に中央分離帯は優に2車線分の幅! 日本一周の旅の北海道の道路を思い出した。

 幸い追い風! 30㎞超で快調に飛ばしに飛ばす。それにしても遠い! 5時半前だったか、さしもの道路もやっと普通の広さになり遠くに佐賀関半島の突端部と思しき景色が見えてきた。


 海上には佐田岬らしき陸地がうっすらと浮かんでいる。

 更に進むと祭りの神輿に遭遇。地区の住民総出の様子。我々は勿論車も遠慮がちに脇を通る。


 そして程なくこんなお店。(廃屋ではない(失礼・・!)


 時に5時半、これが最高の夕食との出会いとなった! 私が関サバ定食、スマイリーさんが関アジ定食。刺身は半分ずつ交換。
 『美味い!!』 肉厚プリプリの超ウマウマ。人気店なのか中は客で賑わっていた。

 食事後店前の海岸には夕焼けの絶景が待ち受けていた。


 二人の釣り人は友情出演ではありません。(笑)

 福岡を発って約200㎞、こんな感動の味と景色に出会いました。自転車旅の我々への店の主人や客の驚きの眼差しも楽しかった! 自転車、この素晴らしき奴に感謝!

 佐賀関港から7時発のフェリーで出航、いよいよ四国は佐田岬の三崎を目指します。船上で眺める夕焼けが一日の疲れを癒してくれます。


 今日は野宿・・。果たして四国に待ち受けるのは・・?
 当然と覚悟してはいたけれど、、、現実になるとちょと辛いかな? 日曜朝5時過ぎ、一人での出発の背中を押してくれたのはろれつの回らない酔っぱらい! 朝帰りのグダグダを聞く耳はないのよ、そんじゃ失礼!(笑)

 今日の目標。写真撮影タイムを減らして走りに専念!
 最初の写真はこれ。


 以前にも撮ったかな? 朝倉の阿蘇山入り口のバス停。何これ珍百景登録候補? 我が家の車庫に阿蘇山登山口車庫とでも書くか、、!

 1週間前からの雨の予報はみごと外れて曇り空。涼しいくらいのサイクリング日和。長道中への漠然とした不安も徐々に解消、9時には日田市街を抜け小国へ向かいます。

 松原ダム・杖立を経由して下城到着、ここで脇道発見。おかげで初めてのアングルで豪快に落ちる滝の写真ゲット!


 小国に入ってR212に別れを告げR442へ! いよいよ本格的?な上りです。と、ここで問題発生! 珍しく弱気になりインナーへシフト。

 シフト、シフト、シフト! シフトできない! 普段アウターばかり使うためにインナーが自分はインナいんだと謀反を起こした?(笑)

 で、メカ音痴の私に残るは忍の一文字・・。
 黒川温泉辺りからは道路が整備され走りやすい。インナーがあれば・・。
 まわりの景色も開けてきます。


 新緑の季節ですね〜〜!
 そして瀬の本高原への上りもいよいよクライマックス。


 ここで問題! 強い向かい風が吹き始める。強制アウターだけでも苦しいのに〜! 私も坂も暗いマックス・・。

 瀬の本高原でゆっくり昼食。この間に強風も幾分収まりました。高原周辺の景色が本当に素晴らしかった!


 広々とした開放感、やはり天山では敵わない!?


 遠く阿蘇が浮かぶ景色! いいですね〜〜!


 久住山系の眺めは男性的な印象。これまた素晴らしい。


 豊後竹田へは基本下り。強制アウターも問題なし。快適に飛ばします。美しい緑の眺め、そしてその遠い先に続く山並み。祖母山ですかね〜? 山を名前で識別できないと感動も幾分目減りするような・・。


 それは兎も角、瀬の本高原から豊後竹田は思いがけない距離。おまけにアウター絞りやら強風やら出会いやらで豊後竹田着は2時近く・・。
 帰宅時間のことを考えると残念ながら竹田からの輪行が正解・・。しかも下調べの甘さで、原尻の滝までの距離も定かでない・・。

 結局なんと〜〜、原尻の滝割愛、岡城址割愛。目的地見物を二つ共に断念・・。駅で小一時間を過ごしました。
 あ〜〜、骨折り損のくたびれもうけ!


 とは言いません。なにより贅沢な最高の眺めを堪能しました。次回仲間と訪ねることにします。必ず年内に!!

 予定を短縮、150㎞のツーリングでしたが大満足。ビール1本で心地よく爆睡の車中でした。



カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/21 Cycle 86]
[03/19 maple]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 maple]
[03/18 uruman]
ブログ携帯版