人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[178] [180] [179] [177] [176] [175] [174] [169] [173] [172] [171]
 いよいよ本格的な梅雨入りですね。
 日曜が悉く雨にたたられ、長距離サイクリングを楽しめないのが残念です。

 しかし、お陰で身近にあるものを如何に見過ごしてきたかを痛感しています。まだまだ市内や近郊に知らないとこが山とある。いや、場所に限らず、なにごとであれ知っていることが如何に少な
        いか、、。もっと貪欲に挑戦しなければ。

 読書では、『老子の無言』を読了、難しいところもありますが、素直に心に入ってきます。『老子』全文を読んでみたい気もしますが、先ずは同じ著者の『論語の一言』を紐解いてみます。


 さて、自転車。雨ニモマケズ頑張っています。それも、今まで走ったことのない道に乗り入れるのが面白くなりました。日常を破ると言うと大袈
裟だけど、今までと違ったことをする。それだけで心が躍ります。何度も走った油山にも知らない激坂がありました。既に挑戦三度。転倒の不安と戦いながら上る快感。いや〜、味わってほしいですね。挑戦し乗り越えたところに感動はある。そう思います。

 そして半年ぶりに登った片江展望台。雨に煙る景色も捨てがたいものです。降り募る雨の中、大輪の花を咲かせるタイサンボクもなかなかです。

  


 背振山も2度登りました。コースはそれぞれ微妙に変えて、どこに出るかワクワクのサイクリング。口に広がる木イチゴの甘い味には、遠い昔にタイムスリップさせる魔力があるかのようです。そんな脊振で撮った写真の内、滝の写真中央部には撮影する私と愛車の影が映り込んでいます。わかんないだろうな〜。

    

 梅雨は、瑞々しい緑がいいですね。雨に濡れた黒い樹幹との対比があればもう最高!

  

 そんな中、天を衝いて聳える樹齢7〜800年の老杉──小川内の杉──が哀れです。間もなくできる五カ山ダムに沈む運命。自然を支配し、自然を造りかえようと驕れる文明。その行き着く先にあるものは?



 雨も厭わず淡々と走り、今月の累計500k 超になりました。八大竜王へ贅沢なお願いを一つ、長距離サイクリングを楽しむため、日曜だけでも雨やめ給へ!


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/11 Cycle 86]
[04/11 Cycle 86]
[04/10 ヒロ]
[04/10 Piccolino]
[04/03 Cycle 86]
[04/03 Cycle 86]
ブログ携帯版