人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[86] [78] [85] [83] [80] [79] [77] [75] [73] [72] [71]
 この冬まだ初雪もなく、冬になった実感がありません。福岡市内でも、私が小学生・中学生の頃は、12月になると大きな池といえども氷が張ることがあり、スケートを楽しむ姿さえ見られたものです。登校途中、白い息を吐きながら霜柱や氷を踏み砕くのに興じた記憶があります。

 季節の様相とは裏腹に、まさに冬の真っ只中にあるもの。それは私のトレーニング。相変わらずの足の不調で、ランニングはほぼ1ヶ月中断。自転車の油山トレーニングも記録は伸び悩んだままです。『冬来たりなば春遠からじ』今こそ来春以降の飛躍に備え耐える時と自らを慰めています。母の四十九日の法要も無事に済み、そろそろ自身の生活を取り戻したいと思います。

 つい先日、久しぶりに油山市民の森とモーモーランドを訪ねました。冬枯れのさびしい風景でした。道に降り積もった落ち葉にハンドルを取られないように気を張り詰めて走ります。落ち葉の絨毯の写真をものすることができなかったのが残念ですが、うらさびしさが伝わるでしょうか?


 さて13日の日曜日、久し振りにTeam Cycle 86 日曜ツアーに参加。今年最後のチーム企画。目的地は長崎! 先月の長崎街道ツアー短縮版です。
 参加者は6名。前回より距離は短く心にゆとりがあります。しかし、一度走っただけでコースを覚えるのは難しいもの。何度か見知らぬ道を辿りながらの佐賀到着です。2枚目、3枚目の写真は佐賀市中心部で見かけた側溝の蓋。昔の面影を宿す町並みにしっとり溶け込んでいます。他の市や町も取り入れて統一感を持たせ、長崎街道をもっと魅力ある観光の呼び物にしては如何でしょう。
 
 今回のツアーで一番の収穫。それは肉まんです!かねがね噂に聞いてはいたのですが、ようやく訪ね当てました。その旨いのなんの、全員がお代わり!食べている間にも客が続々、車を停めては持ち帰ります。あと5〜6個は食べたい気分でした。佐嘉神社西側、佐賀県立図書館向かい側。鶴乃堂。是非お試しを!気さくなご主人とのツーショットをご覧下さい。
 後ろ髪を引かれる思いで鶴乃堂出発。軽快に飛ばしますが、鹿島経由にコースを変更したのが間違いの始まり。雨は降り始める、距離は大幅に延びるで、ついに予定変更。嬉野より波佐見・有田(写真)経由で伊万里へ、その後JRで帰宅します。例のとおり大いに盛り上がり、スーパードライで心地よい疲労感を楽しみながらのローカル列車のひとときでした。走行距離166㎞。


 いよいよ慌ただしい年の瀬。呉々も健康にご留意され、ご活躍下さい。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/11 Cycle 86]
[12/11 来年は眼鏡年?]
[12/08 Cycle 86]
[12/08 kanaG]
[12/06 Cycle 86]
[12/06 uruman]
ブログ携帯版