人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[78] [85] [83] [80] [79] [77] [75] [73] [72] [71] [68]
  政治を話題にしたくはなかったが、堪忍袋の緒が切れた。というやつです。

 まるで『寅さん映画』を見ている感じです。(寅さんに失礼ですね)政治がドタバタ喜劇になっていい筈がありません。ドタバタ喜劇で国の行く末が決まるなら、これは悲劇です。見せるための政治になっている。国民受けするための政治になっている。きちんとした国家の将来像を持った政治ではない。そう感じるのは私だけでしょうか?
 今までの自民党政治の問題点を炙り出した点は評価できるとしても、弊害の方が大きくなりつつあるように思います。

 スパコンは№1を目指しても、やっとトップ10に入れるかどうかの世界でしょう。初めから№1を捨ててかかるなど、資源に乏しく技術立国としての道を歩まざるを得ない日本の将来を潰すに等しい行為だと思われます。大見得を切り大衆受けを狙うには、スパコン切り捨てがよいのでしょうが、、。
 郵政問題については、冷や飯を食わされた亀井氏演じる復讐劇としか見えません。我が天下と言わんばかりの姿勢には憤りを覚えるばかりです。
 基地問題は、社民党党首の『重大な決意』表明で、振り出しに戻る有様。他国との約束など眼中になきが如しです。"Trust me." とは『私を当てにはしてくれるな。』という意味でしょうか。日本という国の信用はどうなるのかと心配になります。
 全ての国民、全ての政党、全ての国々に対して友愛の笑顔を振り撒くことなど所詮画餅に過ぎない。必ず破綻をきたすことを銘記すべきである。

 自公連立政権は、参議院で過半数を割ったがために右往左往、遂に行き詰まって政権の座を失いました。
 そして今また民主党。衆議院で圧倒的多数を占めながら三党連立。自公政権における参議院の悪夢。その轍を踏まないために相違ありません。結局は多数を占めなければ何もできないのが現実のようです。ならば、いっそ参議院を廃止してはどうだろう?自分たちの限界を知るべきではないか?

 マニフェスト、マニフェストと金科玉条の如く言われるが、一つ『忘れられたマニフェスト』がある。
 民主党が掲げた、『国会議員定数80減』である。
 公務員叩きは得意技。自公政権下でもそうだったし、民主政権でもそうである。公務員の給与引き下げ・定数削減は、何より国民受けするのであろう。であるなら、率先垂範。国会議員定数も公約通り削減しよう。一般公務員の定数削減より遙かに大きな財政負担軽減の効果が得られる。80と遠慮は無用。参議院あるがために政権がクルクルするのなら、参議院定数242を削減すればよい。参議院廃止ができないなら、両院で242を削減すればよい。あの圧倒的に広大なアメリカ合衆国の連邦議員数に比べればそれでも多いくらいなのだから。

 どさくさ紛れの国会議員は不要である。滅私奉公。個人の名誉・満足のためでなく、私たちの愛する日本の将来のために一身を捧げる。そのような覚悟を持った議員の出現を願うこと切である。

 いささか熱くなりすぎたようです。
 気分転換。自然の景色で心を癒して下さい。柿の木。油山観音。そして櫨の木の紅葉です。

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/27 Cycle 86]
[04/27 maple]
[04/26 Cycle 86]
[04/26 maple]
[04/11 Cycle 86]
[04/11 Cycle 86]
ブログ携帯版