人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 25日、帰宅直前でパンク。27日パンク修理の後、月間1000㎞走行達成へ最後の抵抗。最低100㎞走行を目標に出発!

 出発30分後。再びパ〜ンク・・。
 意気消沈。25㎞で終了。ラン・自転車共に月間目標達成諦め気味だが、粘りだけは忘れない。

 28日、ラン打ち止めは油山ラン20㎞。メロメロ・・。

 そして今日29日は自転車。佐世保往復で目標達成に望みをつなぐ選択肢もあるが、天山県立自然公園ツアーを選択。

 大正解!! ただ一言、
『最高!』
 本日のコース。古湯を通り抜け天山を目指すのは前回と同じ。ひたすら続く上り坂を走り、今回は天山閣への案内板に従って再度登坂に挑む。


 かなり厳しい上り坂が続くが、苦あれば絶景あり!
 天山ダムと周囲の景色に疲れも吹き飛ぶ。


 ふと振り返ると脊振の山々が連なっている。


 前方には天山山頂が手の届きそうな所に。


 次の写真の右端、唐津湾も見える。(写真では無理かな?)


 眼下には天山ダム、その奥には脊振の山並み。


 山の斜面が急峻なため、厳木方面だろうか?周辺の景色がまるで箱庭のように間近に見える。




 更に道を進むと目に入ってくる眺めがこれ!


 有明海です。
 この眺めを絶景と言わずして何という!


 感動、そしてまた感動のツーリングでした。
 来月21日の天山ツアー、ご期待下さい!ただし、厳しい上り坂への覚悟もお忘れなく・・。
 自転車は無理の方、車も通行可です。是非とも自分の目で味わって下さい。
 ちょっとやばそうな・・。
 三瀬 50×15登坂達成の夜、脚、特に膝とふくらはぎの強張りが強く心配しましたが、日曜の朝は意外にもそれほど違和感がありません。

 雨で日曜サイクリング中止を幸い、脚の状態を確認すべく自転車を走らせました。脚への負担を考え平坦な唐津・糸島を目指します。


 時折雨も交じる曇天ながら、空気が澄んで却って美しい景色が味わえます。山並みが
水田に映る風景の趣は格別です。


 ここ数日の雨で蘇ったか、紫陽花の色も鮮やかでした。


 水をたっぷり湛えた田圃が広がる鏡山からの眺めも、しっとりとして心まで洗われる思い!


 鏡山、虹ノ松原、唐津城など観光資源に恵まれた唐津。もっと多くの人にこの魅力を味わって欲しいな、、と私の愛車がつぶやいていました。


 雨と曇天の一日。気負いや悲壮さは微塵もなく、淡々と走りを楽しみました。しか〜し、帰路糸島前後から脚や膝の違和感が強まりやや不安な展開! 今日月曜は休養を決め込んでネトライキ。体調も梅雨入りかな・・。

 追伸 阿蘇望の出場者が発表されてました。一般申し込みで心配でしたが参加決定。ただし、大問題が・・。釣岳人の猛者連と同グループ?!陰謀だ〜〜!




カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[08/31 Cycle 86]
[08/31 堤 健一郎]
[08/28 Cycle 86]
[08/27 堤 健一郎]
[08/26 Cycle 86]
[08/26 Cycle 86]
ブログ携帯版