人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5]
 11日この約2ヶ月間で5回目となる天山ツアー! しかし、参加予定は一人・・。ゆっくり素晴らしい景色を堪能する旅となるはずだった。
 はずだった・・・。はずははずにして確定にあらず!?

 現実は厳し〜〜ぃ。 蓋を開けてみれば豪華剛脚キャスト勢揃い! 圧倒的体力midoさん、クールな疾走者トミさん、そして異次元サイクリストピコさん。白旗を上げて帰りたい心境・・。

 いきなり三瀬峠を風切り音を立てて上るピコさん!
 そして、三瀬を高速で下る3人・・。唯々あ・ぜ・ん!
 と、ここで悲劇?は起こった! 道路中央部でハンドルを取られmidoさん転倒! そのまま路上を大滑走!


 驚いたのはその後。『あ痛〜!』の一言も無し、さっと起き上がるや、しばし身体と自転車をチェック。何事もなかったかの如く再び車上の人に。男だ〜〜〜!! 惚れ惚れとしたね私は。(笑)

 しばらく一人旅を続け嘉瀬川ダムで再合流。


 このところの猛暑で貯水量が減ってました。そう言えば前日10日の二林道ツアーで見た南畑ダムもかなり深刻? 節電・節水に努めなければ・・。
 
             〜10日の南畑ダム〜
 この後の展開は詳しく書く必要はないですね! 定位置を守りながらも要所要所で合流、自転車の奥深さを楽しみながら走りました。

 そしてこの景色!


 霞かPM2.5か? 眺望は今イチ。




 しか〜し、猛暑の中走り切って
全員満足の笑顔!


 今回はそれぞれの笑顔が印象的でした。
 そんな笑顔を天も喜んだのかも、、? 時刻は11時半近く、しか〜し、えっ!これって露? 天の甘露?


 今も不思議な気がしてなりません。
 有明海も霞の底に沈んでいます・・。


 それでも、心は晴れ晴れ、帰る前に最後の写真撮影。帰路の激走?食事、自転車談義、総てを楽しみました!


 midoさん、トミさん、ピコさん、一緒出来て本当に楽しい一日でした。また何処かへ一緒しましょう!

 今日は、ちょっと飲みます。ささやかなお祝い。幸い?女房殿は留守。三日間の独身生活。ここは豪華なお祝いと行くか!(笑)

 最近何度か話題にした累積10万㎞走行、昨日達成しました。平成13 
(2001)年に走行距離の記録を始めて足かけ13年、昨日7日遂に10万㎞突破、100054㎞になりました。

 記念すべき10万㎞は、苦手な二林道右回りコース(東脊振〜蛤岳林道〜金山林道〜三瀬峠)での達成を選択。猛暑とつきまとうブヨに苦しめられましたが、75㎞余りを19.5km/hで走破。激坂に痛めつけられ「いつの間にやら達成」ですが満足・満足!

 嫌なコース、嫌なことは繰り返しチャレンジして苦手意識を振り払う。私流の苦手意識払拭法です。

 苦手のラン?もこの戦法か! 6日敢えて暑い中、やや起伏のある西公園で久々に10㎞超のラン・・。確かに亀の歩みではありますが、取り敢えず第一歩。取り敢えず、、、が大事ですよね! こちらは取り敢えず1万㎞が目標かな?

 それにしても猛烈な暑さ! 無理せずご自愛下さい。
 『八月に期す!』 タイトルからバレバレ。
 はい、七月も月間目標達成ならず・・。

 7月の自転車 1045㎞  年間累積 5984㎞
 7月のラ ン   83㎞  年間累積 1253㎞

 ブログだけ見ると、連日自転車かランをしていると思われそうですが、現実は月の半分15日間は何もしてない! 福岡7月の平均気温は全国最高だったとか、無意識に自己防衛本能が働いた。ということにしておきます・・。

           今日3日は公園で剪定の奉仕作業
 7月の「達成宣言&不実行」を反省、8月は作戦変更。作戦名「不言実行」 なぬ? 結果は見えてる「不言不実行」ですと! 言わせておきます。(笑)

 1日、大濠花火大会前の人込みを縫って西公園ラン。僅か8㎞ですが、取り敢えずスタートは切りました。

 2日、正に猛暑最中の昼過ぎ、自転車の中距離で最も嫌なコース。東脊振側から蛤岳林道・金山林道・三瀬峠コースを走ります。

 何が嫌と言って、南畑ダム、東脊振トンネルまでの長い上り。猛暑が追い打ちをかけます・・。南畑ダムの先は、五ヶ山ダム建設で以前の山の面影はありません。


 トンネルを抜けると、筑後平野が見えます。


 道の駅
からは、うっすら雲仙普賢岳が見えました。

          写真中央部やや下方、わかります?
 見れそうでなかなか見れない普賢岳。今日はラッキー!

 癒しの景色の後に待ち受けるのは最も嫌な上り──
蛤岳林道!
 ただただニコニコの八月を夢想しながらの鈍亀走りではありました。林道脇の冷たい水はああ、甘露、甘露!


 本当に信じられないような酷暑が続きます。皆さん呉々もご自愛下さい。

 追伸、下関海響マラソンに続いて四万十川ウルトラマラソンも抽選漏れ・・。抽選運を好転させるべく、北九州マラソン、東京マラソンにエントリーしましたが???
 昨24日、最後の阿蘇望対策練で自転車を走らせた。

 とにかく暑い、23日の福岡は37℃! 今日も負けず劣らず・・。そして強い向かい風。これがフェーン現象をもたらす風か? 身体の奥に暑さが吹き込んでくる・・! 普段はサーファーで賑わう姉子の浜も沖に向かって吹く強風のせいかべた凪。


 釣岳人のPeさんお薦めの厳木から天山に登るルートを目指す。しか〜し、この暑さ・・。果たして完走できるのか不安だけが募る。

 だが、流石Peさんのお薦め。間違いはなかった!
 道の駅厳木で、生きのいい姉御肌のトライアスリートとの出会い!尚か〜つ、運命的な?一気の意気投合。(笑)


 自転車歴数ヶ月?山岳コース未経験という彼女、天山の絶景の話をすると無謀?にも一緒に走りたいと、、!

 厳木ダムで初休憩。えっ!この肝っ玉姉御『きつい、きつい』と言いながら遅れず同時到着なんですが・・!!


 しかし、流石に猛暑の中、連続する上りは厳しい。汗だらだら息絶え絶え状態・・。道端に発見した冷水スポットで迷わず混浴?


 結局この姉御、天山上り口の集落天川まで上りきった。阿蘇望間近で、天山に登る予定じゃなかったけれど、、、ここで彼女を放り出しては男が廃る!

 Cycle 86丸は難破、天山に座礁決定。(笑)
 日曜に続いての天山絶景コース挑戦!脚力が付いたのか?意外に楽に走れるんですが〜!
 『そりゃ、幸ちゃんのお陰だろう!』ですと?その通り、当然じゃないですか!


 景色もいつもより素晴らしく見える。『はい、幸ちゃんのお陰です・・。』


 絶景を前にしての議論──どちらが軟派し、どちらが軟派されたのか?
──は平行線の堂々巡り、しか〜し、気が付けば早3時過ぎ!!


 Team Cycle 86 ツアーでの再会を誓って別れます。 彼女、幸ちゃんは小城へ直滑降! 私は古湯経由で福岡へ・・。帰りの走り〜? 聞くまでもないでしょ、ママチャリの走り!
 (阿蘇望マデノ疲労回復厳シソウ・・。)

 さっちゃん、今日は有り難う!君の行動力には脱帽です。チームメンバー共々、君の参加を楽しみにしてるよ〜〜。

 21日、日曜サイクリングは天山ツアー!参加4名。
 天山の眺望に自信あり。しかし、そこまでの上りはかなり厳しい。尚か〜つ、阿蘇望対策に相応しい猛暑! 道端に発見した冷たいせせらぎに、天山上り口まで一気走りの予定を変更。


 束の間の涼を満喫の参加者です。

 ここで我等の脚の乳酸菌、すっかり退散元気回復!最後の上り坂に挑みます。結構辛い坂だけど、この景色がメンバーの期待を膨らませる。─── 天山ダム!

 やがてダムを見下ろすところに来ると全員が感動の渦の中!! それぞれがシャッター押しまくり!


 おっと、天山そのものも忘れてはいけません。木々の生い茂っただけの山とは一味も二味も違う味わいがあります。


 やがて眼前に広がるこの景色、敢えてサムネイル標示。是非クリック拡大してご覧を。感動間違いなし!?


 この絶景を実体験の我々はもうノーリノリ!




 夏雲と、霞んだ風景もかえって趣があり気にならない。


 地上の楽園での記念写真。


 赤とんぼまでが友情出演の大サービス!


 有明海が霞んでいたのが唯一残念かな?


 次は紅葉の秋、天高く馬肥ゆる秋に有明海の眺望を楽しみたいもの。

 しか〜し、素晴らしい景色も激走後の空腹までは満たしてくれません。激坂を駆け下りた後は、全員目を皿にして食堂探し、心身共に満たされた我々は感動の余韻に浸りながら家路を急ぎました。

 一緒して頂いた皆さん、有り難うございました。最高のツーリングでした。また天山行きましょうね!


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/21 Cycle 86]
[03/19 maple]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 maple]
[03/18 uruman]
ブログ携帯版