人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5]
 21日、日曜サイクリングは天山ツアー!参加4名。
 天山の眺望に自信あり。しかし、そこまでの上りはかなり厳しい。尚か〜つ、阿蘇望対策に相応しい猛暑! 道端に発見した冷たいせせらぎに、天山上り口まで一気走りの予定を変更。


 束の間の涼を満喫の参加者です。

 ここで我等の脚の乳酸菌、すっかり退散元気回復!最後の上り坂に挑みます。結構辛い坂だけど、この景色がメンバーの期待を膨らませる。─── 天山ダム!

 やがてダムを見下ろすところに来ると全員が感動の渦の中!! それぞれがシャッター押しまくり!


 おっと、天山そのものも忘れてはいけません。木々の生い茂っただけの山とは一味も二味も違う味わいがあります。


 やがて眼前に広がるこの景色、敢えてサムネイル標示。是非クリック拡大してご覧を。感動間違いなし!?


 この絶景を実体験の我々はもうノーリノリ!




 夏雲と、霞んだ風景もかえって趣があり気にならない。


 地上の楽園での記念写真。


 赤とんぼまでが友情出演の大サービス!


 有明海が霞んでいたのが唯一残念かな?


 次は紅葉の秋、天高く馬肥ゆる秋に有明海の眺望を楽しみたいもの。

 しか〜し、素晴らしい景色も激走後の空腹までは満たしてくれません。激坂を駆け下りた後は、全員目を皿にして食堂探し、心身共に満たされた我々は感動の余韻に浸りながら家路を急ぎました。

 一緒して頂いた皆さん、有り難うございました。最高のツーリングでした。また天山行きましょうね!
 阿蘇望最大の敵。やっぱり気温と熱中症でしょう!
 で、10日は阿蘇望対策第2弾──高温対策。

 スタートは10時過ぎ。既に30℃を超えてる感じ。
 空は恨めしいほどに夏色。しかし、今回に関してはこれこそ絶好の天気!


 スタート直後33℃だったサイコンの温度計は、唐津近くでは39℃。焼けた路面を吹く風を吸って喉も熱い!


 今日のツーリング、獲得標高は気にしない。目的は暑さの中をひたすら耐えて走ること・・。唐津から先は七山を抜け三瀬峠経由で帰宅。


 途中心がけたのは十分な水分補給。人の2〜3倍汗かきの私には大問題。自宅から携行した、蜂蜜と『またいちの塩』を溶かした水、これはなかなかよかった。普段飲むアクエリアスよりも身体に優しい感じ。もう一度試してみよう!


 七山からの上りで、
サイコンの40℃標示に心が折れかけたが、ペットボトル飲料の補給もいつもより多くしたお陰だろうか、それほど疲労感は酷くなかった。

 三瀬の物産販売所『さと山』で見た雲は日射しを受けて眩かったが、走り抜いた満足感が大きく、暑苦しさよりも心地よさを覚えた。
 (さと山のソフトクリームの効果も大? 350円と高いがとても美味しい!)

 
 熱中症・日射病対策に、
タオル地の布で首筋に直射日光が当たらないようにしたが、これも水分補給と同じく有効だったと思う。本日のコース

 ここ数日熱射病による救急搬送のニュースが絶えません。皆さんも十分ご注意下さい。そして、何か効果的な対策があれば教えて下さい。
 25日、帰宅直前でパンク。27日パンク修理の後、月間1000㎞走行達成へ最後の抵抗。最低100㎞走行を目標に出発!

 出発30分後。再びパ〜ンク・・。
 意気消沈。25㎞で終了。ラン・自転車共に月間目標達成諦め気味だが、粘りだけは忘れない。

 28日、ラン打ち止めは油山ラン20㎞。メロメロ・・。

 そして今日29日は自転車。佐世保往復で目標達成に望みをつなぐ選択肢もあるが、天山県立自然公園ツアーを選択。

 大正解!! ただ一言、
『最高!』
 本日のコース。古湯を通り抜け天山を目指すのは前回と同じ。ひたすら続く上り坂を走り、今回は天山閣への案内板に従って再度登坂に挑む。


 かなり厳しい上り坂が続くが、苦あれば絶景あり!
 天山ダムと周囲の景色に疲れも吹き飛ぶ。


 ふと振り返ると脊振の山々が連なっている。


 前方には天山山頂が手の届きそうな所に。


 次の写真の右端、唐津湾も見える。(写真では無理かな?)


 眼下には天山ダム、その奥には脊振の山並み。


 山の斜面が急峻なため、厳木方面だろうか?周辺の景色がまるで箱庭のように間近に見える。




 更に道を進むと目に入ってくる眺めがこれ!


 有明海です。
 この眺めを絶景と言わずして何という!


 感動、そしてまた感動のツーリングでした。
 来月21日の天山ツアー、ご期待下さい!ただし、厳しい上り坂への覚悟もお忘れなく・・。
 自転車は無理の方、車も通行可です。是非とも自分の目で味わって下さい。
 ちょっとやばそうな・・。
 三瀬 50×15登坂達成の夜、脚、特に膝とふくらはぎの強張りが強く心配しましたが、日曜の朝は意外にもそれほど違和感がありません。

 雨で日曜サイクリング中止を幸い、脚の状態を確認すべく自転車を走らせました。脚への負担を考え平坦な唐津・糸島を目指します。


 時折雨も交じる曇天ながら、空気が澄んで却って美しい景色が味わえます。山並みが
水田に映る風景の趣は格別です。


 ここ数日の雨で蘇ったか、紫陽花の色も鮮やかでした。


 水をたっぷり湛えた田圃が広がる鏡山からの眺めも、しっとりとして心まで洗われる思い!


 鏡山、虹ノ松原、唐津城など観光資源に恵まれた唐津。もっと多くの人にこの魅力を味わって欲しいな、、と私の愛車がつぶやいていました。


 雨と曇天の一日。気負いや悲壮さは微塵もなく、淡々と走りを楽しみました。しか〜し、帰路糸島前後から脚や膝の違和感が強まりやや不安な展開! 今日月曜は休養を決め込んでネトライキ。体調も梅雨入りかな・・。

 追伸 阿蘇望の出場者が発表されてました。一般申し込みで心配でしたが参加決定。ただし、大問題が・・。釣岳人の猛者連と同グループ?!陰謀だ〜〜!




カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/23 Cycle 86]
[08/23 Cycle 86]
[08/22 Piccolino]
[08/22 uruman]
[08/22 Cycle 86]
[08/22 kanaG]
ブログ携帯版