人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]


 昨日、脊振で撮った最初の景色。

 11日、urumanさん、グレッグさんと脊振山を目指して出発した。今日も晴天!
 いつもついつい目を遣ってしまう山、今日も私の目を惹き付けるその姿を先ず写真に収める。中央やや左、舞台がせり出したかのような台形の山頂? あれがお気に入り!


 名前をご存知の方がいたら是非教えてください。

 さて、取り敢えず板屋峠撃破! マウンテンバイカーに記念写真を撮って頂きました。


 いよいよ脊振山山頂入り口! しばし思案します。今回が2度目の脊振山頂となるurumanさん、グレッグさんに脅かされます。『アウターで上がるなんて無謀!』凄い激坂であるらしい・・。しか〜し、アウター縛りが唯一の取り柄?の私にはここは思案橋。あっさりインナーで上るか、、、?

 迷いは長くは続かなかった。挑戦せずしてできないとは言わない! これ最近獲得した生き方。

 とにかくアウターで挑戦! スタート!
 スタート直後から結構な勾配・・。坂、坂、坂ひたすらに坂。しかし、まだこの先に激坂・鬼坂があるはず・・。

 しか〜し、激坂・鬼坂は遂に姿を見せない!?
 そして視界が開けミツバツツジの可憐な姿!


 遂に完登! 上り切りました。そこにあったのは絶景!


 佐賀市域と有明海らしき景色が見えましたが・・。
 写真では無理か〜〜っ?

 とにかく新緑の素晴らしさは別格。


 勿論山頂へも上りました。勿論ここは歩き。


 この空の青さ!

 そして、山頂から眺める福岡方面。


 中央部にうっすら立花山。そして左に博多湾!
 眼下のダム湖の向こうは久留米方面?


 そして、遠く何処までも続く新緑の山並み!!


 霞さえ懸かってなければね〜〜。
 天山とはまた違った魅力溢れる眺めでした。

 霞、PM2.5の影響がないときにまた訪ねるとしよう!

 11日迄の記録
 自転車 5月  458㎞ 年間  2594㎞
 ラ ン 5月   65㎞ 年間  1183㎞

 
 これ、黒木の大フジ!
 では、ありません・・。糸島で出会ったフジ。
 しかし、美事な花でした。地名を冠せられることはなくとも、その土地土地に、精一杯咲いて我々を楽しませてくれる花があるのですね。

 今日29日は高良山のツツジ・黒木のフジの見物に行く予定でした。またしても怪しい空模様でしたが、スマイリーさんが久し振りに参加。それに素敵な贈り物を用意して頂きました!
 焼酎白岳『しろ』のロゴを書かれた書家国崎幸子さんの手に成る書『疾風怒濤サイクリング生活』です!


 机の上に飾ることにしました。ありがとうございます。

 さて、雨は降らずとも黒雲の広がる空に行く先変更を迫られます。選んだ先が糸島。フジとの出会いの場です。


 甘い薫りが辺りに漂っています。
 久し振りにゆっくり話をしながらの楽しいサイクリングでした。気の向くままに知らない道へ乗り入れます。出会った景色がこれ。


 然るゴルフ場入り口に咲くツツジです。
 鮮やかな花の色と新緑の対照の妙!


 行き先こそ変わったものの、結局予定通りツツジとフジを楽しむことが出来ました。

 この後、日向峠経由で帰りました。勿論お目当ては先日食べ損ねた『わかさ農園』のパン。糸島でもパンを食べ満腹でしたが、それでも美味しく頂きました。パン好きなら是非一度お試しあれ! 店の裏のシャクナゲは残念ながら見頃を過ぎていました。


 今日は約60㎞と短距離だったけれど、食と花と会話を楽しむ楽しいツーリングでした。スマイリーさん、ありがとうございました。
 私にも良心のかけらは残っています・・。どう考えてもあんまりですよね! ランよりも自転車の走行距離が少ないなど・・! 許されるはずがありません。

 反省は形にしなければ意味がない。で雨の前の貴重な晴れの一日を泣く泣く喜んでツーリングに当てました。

 朝方快晴で雲一つなかった空には徐々に薄雲が広がっていますが、春だ〜〜〜っ! 山にも畑にも緑の輝き。


 レンゲ畑には白や黄色の蝶も舞っています。


 目指すのは三瀬峠。雨が降る前に帰宅しようと選んだ目的地。ランで疲労気味の筋肉を休める狙いもあります。しか〜し、内野から上りに入って間もなくピンクの幟が目を捉えます。『チューリップまつり』の文字! しかしここは我慢でしょ、通過!

 やっぱり引き返します・・。今日は足慣らしの日、先を急ぐ必要はありません。この安易な妥協がなくなるとサブ4達成かな・・?

 ジャ〜〜〜ン! 美事なチューリップをご覧あれ!


 これで原尻の滝のチューリップ祭りは流れても大丈V。 一面の花園に心ときめき! いえいえ、心ときめいたのは花にではありません。上品な二人の女性。じぇじぇじぇ〜! 人目を惹くローディーの出で立ちが幸いしたに違いありません。いつの間にやら話が弾みます。

 えっ、何々ご主人がさが桜マラソンを走った〜〜? 私も走ったんですよ〜! と、ほんの4、5分の予定が30分以上は話したかな・・。ときめきの春。これがサイクリングの楽しさですねっ!(安くて美味い中華 早良飯店の皿うどんです)

 今更付け加えても真実味がないでしょうが、、、。
 一番素敵だったのは人間チューリップ! 可愛いちびっ子たちの黄色いチューリップでした!?


 会話が弾んでいつの間にやら怪しい雲行きの空。
 ループ橋まで上ったところであっさり帰宅とします。
 帰路、曲渕ダムそばの新緑を楽しんだ後、快調に自転車を走らせます。


 吾が愛車もチューリップを十分に楽しんで馬力が上がったかな、、、?


 自転車も頑張りますね〜〜!(笑)
 サンデーチャリダーと化した私、23日はチームサイクリング定番お待ちかねの『遊の谷』ツアー。しかし、今日は花尽くしツアー、ひたすら耐え子ツアーとなりました・・。

 昨日の三郡山の疲れが尾を引き、やっとの思いで起床し集合場所へ急ぎます。走りの進化頭 uruman さん、 パワフルライダースマイリーさん、そしてクロモリ剛脚男 Ricco さんと合流。八女に向かってスタート!

 不安を抱えながらも久留米まではほぼ順調な走り。宝満川河岸の菜の花の美しさに思わず全員緊急停車。写真を撮りまくり・・。

 菜の花が川を黄色に染めている様が私としては今日一番のお気に入り風景でした。


 今日は urumanさんも先頭交替に加わり、順調に距離を稼ぎます。10時半頃には第一の目的地みやま市清水寺に到着。桜の開花は全く期待していなかっただけに感激!


 三重の塔をバックにすると一層桜が映えます。


 満開でPMなしなら、桜を額縁にした有明海が拝めるのだが、、、おっ代わりに新幹線車両が写ってる〜〜!


 参道沿いにある五百羅漢もカメラに収めます。


 久々に船小屋側から走って見る矢部川の景色も新鮮です。今日は花尽くしツアー、またまた全員が風流人よろしく花にカメラを向けます。


 途中リタイアも覚悟して参加したツアーも前半終了! 地鶏焼きを堪能します。

 しか〜し、楽しみは『地鶏と共に去りぬ』・・。
 帰路について間もなく、遂に吾が脚は完売御礼! 後は唯々ひたすら耐え子ツアーとなりました・・。

 これでマラソン走れるんかいな?
 16日、集合場所には3人が先着。
 マッコチさん、urumanさん、そして初参加クロモリバイクのRiccoさん。途中LEM0NDさんが合流、総勢5名でのツーリングとなりました。

 今日の山場は最初の篠栗〜猫峠の上り。ここで初参加Riccoさんが実力の片鱗発揮! 重いバイクで風を切りブッチギリの独走・・!

 その走りにあっさり白旗・・。遠くの景色を楽しみながら自分のペースを守ります。


 猫峠からは下り基調。春を感じさせる山々や田園風景の中を快調に走ります! しか〜し、なにぶん健脚揃い。ランの疲れを溜め込んだ私にはペースが速い。遠賀川沿いの道に出ると美しい菜の花を愛でる風を装いペースを落とします。


 他の皆さんも気持ちが和みなんちゃってスプリント!


 春ですね〜〜!!! 山羊もなんだか嬉しそう、、。


 沈下橋を走るのも心が弾む!


 自然も心も春爛漫! 我等風流人木屋瀬宿に御成〜!
 レトロな町並み


 豪華な雛飾り


 と続いた平和な大名行列はここで突然終了!
 木屋瀬宿から芦屋へのルートは強烈な風に泣かされることになります・・。車も多く自転車をあおられゼーゼーヒヤヒヤの難行苦行!

 おまけに昼食にもありつけず、折角の青の道も有り難さ半分。ツーリングって耐えることなのね・・。(笑)


 やっとの思いで辿り着いた「ひびき」時間は2時前、ここを昼食の場にします。しかし、しか〜し、私には夜の部のお約束が・・。
 断腸の思いで一人立ち去るリチャードキンブル。て言っても分かってもらえないかな・・。逃亡者の、、、

 この後は海の景色を食事に代えて一人旅。


 しかし、私の苦労、クロうを察した今日二人目のクロモリライダーに遭遇! 北九州のKSさんです。道の駅宗像から津屋崎の海岸まで自転車を語りながら楽しく走りました。又ご一緒する機会がありますように!


 偶然とは恐ろしいもの。本日初対面の二人のクロモリライダー、共に40そこそこの走り屋。今日も出会いと楽しさと刺激満載の140㎞のツーリングでした。


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/11 Cycle 86]
[04/11 Cycle 86]
[04/10 ヒロ]
[04/10 Piccolino]
[04/03 Cycle 86]
[04/03 Cycle 86]
ブログ携帯版