人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 遅蒔きながら、満開の桜の下で開催となった4月3日さが
桜マラソン参戦記。


 30㎞手前、脚を止めた。15回目の記念すべきマラソン
の終わり。奇しくもフルマラソン挑戦10・15回目の舞台
は共にさが桜マラソンとなり、共に『完歩』で幕を閉じた。


 脚を止めた瞬間、何とも言えない悔しさが込み上げた。あ
の時こぼれたのは汗だったのか涙だったのか? 

 胃の不快感に耐えて歩きながら、我が不甲斐なさに無性に
腹が立った。折り返し地点前後、足を引き摺るように走り過
ぎる対向ランナーに目が留まった。

 思ったね。マラソンも人生。人生に棄権なし。
それからは歩く走るを繰り返しながらもゴールを目指した。

 そして、ゴール


 感動はなかった。
 ただ『終わった〜!』という解放感。思えば、顔晴らずに
ひたすら頑張った一日だった・・。ゆとり、楽しむ心、そし
て何より闘争心がなければ駄目だネ。

 弱気は最大の敵! これからの最大目標は『完走』。人生
もマラソンも完走してこその感動。

 1日か2日、ゆっくり過ごして出直します!!

 蛇足ながら来年のさが桜マラソンは3月19日。二週間早
めの開催。主催者発表では桜の開花時期に合わせての変更。
私が思うに熱中症対策。 『来年?』 『もちろん挑戦!』
 何と言っても参加者3万5千人! 当日の記録証発行は厳
しいでしょうね。

 待ちに待った東京マラソン記録証がやっと届いた!


 正式の記録、速報値より良くなるなんてことは当然期待し
てない!
 しか〜し、なんだろねこの違い! わずか1秒だがネット
タイムが悪くなってる・・。気分は、、、、、悪い!

 グロスタイム4時間21分28秒
 ネットタイム4時間16分28秒


 4月3日のさが桜マラソンでフルマラソン出場は15回に
なる。この際これまでの記録を公開する。

ハーフマラソン
 平成20('08)年11月 2日 
  シティマラソン福岡2008 (完走)
    2時間14分33秒   2時間10分20秒
 平成22('10)年10月31日 
  シティマラソン福岡2010 (完走)
    2時間08分51秒   2時間04分22秒
 平成23('11)年10月23日
  シティマラソン福岡2011 (完走) 
    2時間07分36秒   2時間03分56秒
 平成27('15)年03月22日 (自己ベスト)
  小郡ロードレース大会2015 (完走) 
    1時間54分48秒

フルマラソン
・平成23('11)年11月 6日 
  下関海響マラソン2011 (完走)
    5時間04分02秒   5時間01分51秒
・平成24('12)年 2月26日 
  2012そうじゃ吉備路マラソン (完走)
    4時間35分56秒
・平成24('12)年11月 4日
  下関海響マラソン2012 (完走) 
    4時間49分14秒   4時間45分58秒
・平成25('13)年 2月24日 
  そうじゃ吉備路マラソン (完走)
    4時間34分06秒
・平成25('13)年 4月 7日 
  さが桜マラソン2013 (完走)
    4時間21分23秒   4時間16分46秒
・平成26('14)年 2月16日
  高知龍馬マラソン2014 (完走) 
    4時間21分28秒   4時間20分22秒
・平成26('14)年 4月 6日 (自己ベスト)
  さが桜マラソン2014 (完走) 
    4時間00分49秒   4時間00分04秒
・平成26('14)年11月 9日 
  福岡マラソン2014 (完走)
    4時間10分22秒   4時間09分18秒
・平成27('15)年 2月22日 
  2015そうじゃ吉備路マラソン (完走)
    4時間11分21秒
・平成27('15)年 4月 5日
  さが桜マラソン2015 (完歩) 
    5時間31分01秒   5時間28分35秒
・平成27('15)年 7月 5日
  ゴールド コースト エアポート マラソン2015(完歩
    4時間52分03秒   4時間50分08秒
・平成27('15)年 4月 5日
  第28回出水ツルマラソン大会 (完歩) 
    4時間48分12秒
・平成27('15)年11月 8日
  福岡マラソン2015 (完歩) 
    4時間40分46秒   4時間39分47秒
・平成28('16)年 2月28日
  東京マラソン2016 (完走) 
    4時間21分28秒   4時間16分28秒

   完走:給水・トイレ以外は走ってゴール
   完歩:給水・トイレ以外で歩いてゴール
 サブ4目指す先の見えないレースが続く。しっかり準備
したつもりの東京マラソンにもそっぽを向かれた・・。

 サブ4は山の如く聳え立ち、我が心は谷の底・・。

 我がお気に入りの大寒桜は我が世の春と咲き誇っている
が、我がマラソン人生の春はいつ?


 性懲りなく昨日、天領日田さくらまつり健康マラソン
出走! 果たして東京マラソンの反省は活かされたのか?

 13日午前4時過ぎ起床。急ぎ朝食を摂り出発! 日田
への途中気が付いた。カメラ・携帯・補給食忘れ・・。
万全の事前準備失格

 『パ〜ン
 号砲と共に一斉にスタート!

 ??? その時、競技場のフィールドを横切りスタート
地点へ急ぐランナー1人! 何と直前までトイレで粘り最
後尾からの出発・・。(ダメだこりゃ・・!)

 最悪のスタート。しかも使い慣れてない新しいGPSで操
作も覚束ない。これまた反省が活かされてない・・。

 ログで見ると1㎞以降4㎞迄のペースは合格だ。しかし
5㎞前後第1の上りに差し掛かった頃からまたしても便意
を催す。おまけに不安の右脹ら脛がぴくぴく攣り始める。
 8㎞過ぎ仮設トイレがあったが直前のランナーが飛び込
み、一つ先まで我慢と決める。
 しか〜し、走れど走れどトイレはない・・。・・。

 折り返し地点(13㎞辺)にはあるだろう。しか〜し、
その期待も裏切られた時、正直絶望的な気持ちだった。

 便意を催すと、走りに集中できないし無駄に力を消耗す
る。常時感じる訳でもないが不安がつきまとう。5〜13
㎞区間のペースはその苦悶の表れか?(笑) 

 何度か棄権を考えたが、それは危険な賭だ。棄権しても
そこにトイレは、、、ない・・。(汗)

 どうしても思い出せない。残り5㎞の表示が目に入った
前後だったろうか? 何が起こったのか? 不意に走りに
気持ちが集中したのだ。荒い息で私を追い抜いたランナー
が切っ掛けだったかも知れない。

 突然、上り坂を物ともせず加速する自分がいた! 歩く
ランナーに声を掛け励ます自分がいた! 次々とランナー
を抜きゴールを目指す自分がいた!

 我が記録、2時間00分08秒 (GPS止め忘れは普段通り)


 何とも微妙な結果だが満足! 脚の痛みで棄権も選択肢
に入れて出走したことを思えば、、、。

 それにしても気持ちの力は絶大だ!

 完走者だけが手にできる完走メダルに完走タオル!
 ほとんどのランナーが完走ですが、、。

 さて、ゴール後も人の大河の流れに身を委せ出口を目指
しますが、迷路を歩かされる気分・・。唯、黙々と歩くだ
け。食事らしい物は何も口にせず走った身には辛いもの。

 他用のため別行動になる羽田野くん、園田くんにもう一
度お礼を言いたかったのですが、厳戒体制と、無為な時間
の経過のため三度目の合流は出来ませんでした。

 昼食は諦めバスと電車を乗り継ぎ4時前に宿へ戻り、こ
の後同じく同窓の田中くんと慰労飲み会! シャワーを浴
び一息ついて合流。案内されて宿に近い店を訪ねます。

           何とか高橋尚子さんとわかる?
 持つべきものは友! 疲れ果て(空腹を抱え)た私のた
めにと、食べきれないほどの料理が準備されます。

 そして何よりキュッと冷えたビール!
 何を隠そう! 今日まで2週間断酒をしていたのだ!
 久し振りに再会の乾杯。美味さが喉に染みます!!

 しか〜し、ここで思わぬ事態に、、。
 やや寒気を覚え熱々の焼酎を頼んで口にした直後、猛烈
な気分の悪さに襲われた。席に着いて15分ほど経ってい
たかどうか? 気分の悪さは募る一方・・。

 見守る田中くんに、遂に『すまん! 申し訳ないけど宿
に戻らせてもらうわ。』

 せっかく慰労の席を設けてくれたのに、陸に話もしない
ままに別れることになろうとは・・。本当に申し訳なかっ
た。これに懲りずまた是非!

 ホテルに戻ってからは更に最悪・・。
 体中が火照り、ますます気分が悪くなる。熱中症か?!
 福岡マラソンの記憶が蘇る。ホテルにビニール袋一杯の
氷と氷枕を準備して頂いて・・。・・。

 レースの展開に相応しい結末ではありました。結局深夜
を回って症状も落ち着きことなきを得ました・・。これに
てレース当日の報告終了・・。お・そ・ま・つ!!


 さて最後にレースの総括:
 良かった点
① 友人、ボランティアさん、ホテル(西鉄イン新宿)従業員
  さん等々、人の温かさを染み染み味わった。
② このところ続いた『完歩』に終止符を打ち、歩くこと
  なく『完走』した!
③ GPSの設定ミスにもかかわらず、まずまずの ペース
  維持が出来てサブ4への意欲が高まった。脚力が安定
  してきた。

 悪かった点
① 参加日程にゆとりがなかった。携行品チェック等いい
  加減だった。
② レース直前にGPSの設定を変更した。尚かつ変更ミ
  スは致命的。レース直前の思いつきでの変更厳禁!
③ 自分の練習・脚力を信じる心に欠け、GPSに振り回
  された。信じるべきは『自分』!
④ レース中の大便問題は分かっていながら、日頃の生活
  で対処することなく放置した。
⑤ ランニングフォームを意識しながら走る日頃の練習を
  忘れて走りに集中してなかった。練習を本番化して、
  レースでは練習をトレースする。

 マラソンへの挑戦続けます! (完)

       入場ゲート2へ向かう途中のゲート1
 ガーミン920の性能に問題あり?
 又々残念な結果・・。公式記録を調べた結果は:
 グロスタイム 4時間21分28秒
 ネットタイム 4時間16分27秒

 私のガーミンのログから推定すると、先の記事の通りグ
ロスタイムで最悪でも4時間20分は切ってる筈だが??
これも誤差の範囲!? それとも痛恨のトイレでコースを
外れたのが影響したのか?

 とにかく公式記録が公式記録です・・。しかし、これほ
ど公式記録とガーミンの記録に差が出たのは初めて、、、

 4時間10分も切れなかったのは少なからずショックで
すが、レース当日の報告を続けます。

 さて、大会当日28日の朝は晴天! 5時前に起床。コ
ンビニで朝食調達。テレビを見ながら食事。7時半頃ホテ
ルを後にしたが、ホテルでちょっとした出来事。

 何と大濠公園で時々お見かけする九電工監督?と選手に
ロビーでバッタリ! 戦友にでも出会った気分?(笑) 
健闘をお祈りした。


 昨日確認したゲート2は8時前にご覧の混雑。厳重な警
戒態勢で、ナンバー確認、運転免許証チェック、手荷物検
査に金属探知ゲート? 大勢のボランティアさんが慌ただ
しく働いて下さっている! ボランティアさんの総数1万
人とか! ありがとうございます。

 スタートブロック付近はまさにランナーの首都占拠!
前も後ろも人の海。


 舛添都知事等のあいさつ、車椅子マラソンのスタートに
続いて、9時10分号砲! 号砲から暫く遅れてゆっくり
と移動開始・・。レースは始まった!

 走り始め5〜6㎞は『ゆるやかな』下り坂だと思ってい
たが、予想より結構急坂だ。昨夜セットしたアラームがう
るさくペースの超過や不足を訴える。想定外の事態・・。
初めて使うアラーム、5分20秒ペースを超えるとアラー
ム、540ペースより遅いとアラーム。アラームの連続。

 結局、アラームに集中力を奪われパニクって、1㎞毎の
ラップタイムを一度も確認できないままゴール。 昨夜初め
てアラーム機能を使うと決め、更に今までの表示画面の設
定も変更しかも変更内容もミス。

 予想通りと言えばそれまでだが、スタート間もなく便意
と闘う羽目になり、11㎞過ぎにトイレに駆け込む始末。
これで記録狙いはとは、『冗談はよし子さんでしょ!』

 しかし、4時間切りを諦めてはいませんでした。アラー
ムと必死に格闘! その苦しい最中、奇跡が起きました。

 『むらか〜み! 頑張れ〜!』
 26㎞手前両国橋交差点辺りに聞き覚えのある声が響き
渡りました。福岡から応援に来てくれた同窓生羽田野くん
の声でした。傍には同じく同窓の園田くん!

 浅草雷門で折り返して再び同じ場所30㎞地点で二人と
しっかり声を交わしました。涙を催しそうな感動。本当に
ありがとうございました!
 園田くんがこの時撮った写真を送ってくれましたが非公
開です。それは歯をむき出しにし顔を歪める醜い顔。つま
り、顔晴る顔でなく顔歯る顔そのものだからです。(笑)

 前後に多少なりとも良いペースを記録できたのは、この
遭遇のお陰に違いありません。

 しかし、友の声援も、多くの方の激励メールも自分の実
力不足を完全に補ってくれる筈はありません・・。

 ネットタイム 4時間16分27秒でヘロヘロのゴール!

      水色の柵に掛かっているのは完走メダルの束
 そこにはまた園田くんと羽田野くんの姿がありました。
ガッチリ感謝の握手! そして送ってくれた写真。


 こうして我が東京マラソン 2016 は終わった。
 ボランティアの皆さん、沿道の応援の皆さん、そして羽
田野くん、園田くん! 本当にありがとうございました。
今回の完走は皆さんのおかげです。


カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[04/03 Cycle 86]
[04/02 Piccolino]
[04/02 Cycle 86]
[04/02 グレッグおかぽん]
[03/26 Cycle 86]
[03/26 uruman]
ブログ携帯版