人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

 完走者だけが手にできる完走メダルに完走タオル!
 ほとんどのランナーが完走ですが、、。

 さて、ゴール後も人の大河の流れに身を委せ出口を目指
しますが、迷路を歩かされる気分・・。唯、黙々と歩くだ
け。食事らしい物は何も口にせず走った身には辛いもの。

 他用のため別行動になる羽田野くん、園田くんにもう一
度お礼を言いたかったのですが、厳戒体制と、無為な時間
の経過のため三度目の合流は出来ませんでした。

 昼食は諦めバスと電車を乗り継ぎ4時前に宿へ戻り、こ
の後同じく同窓の田中くんと慰労飲み会! シャワーを浴
び一息ついて合流。案内されて宿に近い店を訪ねます。

           何とか高橋尚子さんとわかる?
 持つべきものは友! 疲れ果て(空腹を抱え)た私のた
めにと、食べきれないほどの料理が準備されます。

 そして何よりキュッと冷えたビール!
 何を隠そう! 今日まで2週間断酒をしていたのだ!
 久し振りに再会の乾杯。美味さが喉に染みます!!

 しか〜し、ここで思わぬ事態に、、。
 やや寒気を覚え熱々の焼酎を頼んで口にした直後、猛烈
な気分の悪さに襲われた。席に着いて15分ほど経ってい
たかどうか? 気分の悪さは募る一方・・。

 見守る田中くんに、遂に『すまん! 申し訳ないけど宿
に戻らせてもらうわ。』

 せっかく慰労の席を設けてくれたのに、陸に話もしない
ままに別れることになろうとは・・。本当に申し訳なかっ
た。これに懲りずまた是非!

 ホテルに戻ってからは更に最悪・・。
 体中が火照り、ますます気分が悪くなる。熱中症か?!
 福岡マラソンの記憶が蘇る。ホテルにビニール袋一杯の
氷と氷枕を準備して頂いて・・。・・。

 レースの展開に相応しい結末ではありました。結局深夜
を回って症状も落ち着きことなきを得ました・・。これに
てレース当日の報告終了・・。お・そ・ま・つ!!


 さて最後にレースの総括:
 良かった点
① 友人、ボランティアさん、ホテル(西鉄イン新宿)従業員
  さん等々、人の温かさを染み染み味わった。
② このところ続いた『完歩』に終止符を打ち、歩くこと
  なく『完走』した!
③ GPSの設定ミスにもかかわらず、まずまずの ペース
  維持が出来てサブ4への意欲が高まった。脚力が安定
  してきた。

 悪かった点
① 参加日程にゆとりがなかった。携行品チェック等いい
  加減だった。
② レース直前にGPSの設定を変更した。尚かつ変更ミ
  スは致命的。レース直前の思いつきでの変更厳禁!
③ 自分の練習・脚力を信じる心に欠け、GPSに振り回
  された。信じるべきは『自分』!
④ レース中の大便問題は分かっていながら、日頃の生活
  で対処することなく放置した。
⑤ ランニングフォームを意識しながら走る日頃の練習を
  忘れて走りに集中してなかった。練習を本番化して、
  レースでは練習をトレースする。

 マラソンへの挑戦続けます! (完)

       入場ゲート2へ向かう途中のゲート1
 ガーミン920の性能に問題あり?
 又々残念な結果・・。公式記録を調べた結果は:
 グロスタイム 4時間21分28秒
 ネットタイム 4時間16分27秒

 私のガーミンのログから推定すると、先の記事の通りグ
ロスタイムで最悪でも4時間20分は切ってる筈だが??
これも誤差の範囲!? それとも痛恨のトイレでコースを
外れたのが影響したのか?

 とにかく公式記録が公式記録です・・。しかし、これほ
ど公式記録とガーミンの記録に差が出たのは初めて、、、

 4時間10分も切れなかったのは少なからずショックで
すが、レース当日の報告を続けます。

 さて、大会当日28日の朝は晴天! 5時前に起床。コ
ンビニで朝食調達。テレビを見ながら食事。7時半頃ホテ
ルを後にしたが、ホテルでちょっとした出来事。

 何と大濠公園で時々お見かけする九電工監督?と選手に
ロビーでバッタリ! 戦友にでも出会った気分?(笑) 
健闘をお祈りした。


 昨日確認したゲート2は8時前にご覧の混雑。厳重な警
戒態勢で、ナンバー確認、運転免許証チェック、手荷物検
査に金属探知ゲート? 大勢のボランティアさんが慌ただ
しく働いて下さっている! ボランティアさんの総数1万
人とか! ありがとうございます。

 スタートブロック付近はまさにランナーの首都占拠!
前も後ろも人の海。


 舛添都知事等のあいさつ、車椅子マラソンのスタートに
続いて、9時10分号砲! 号砲から暫く遅れてゆっくり
と移動開始・・。レースは始まった!

 走り始め5〜6㎞は『ゆるやかな』下り坂だと思ってい
たが、予想より結構急坂だ。昨夜セットしたアラームがう
るさくペースの超過や不足を訴える。想定外の事態・・。
初めて使うアラーム、5分20秒ペースを超えるとアラー
ム、540ペースより遅いとアラーム。アラームの連続。

 結局、アラームに集中力を奪われパニクって、1㎞毎の
ラップタイムを一度も確認できないままゴール。 昨夜初め
てアラーム機能を使うと決め、更に今までの表示画面の設
定も変更しかも変更内容もミス。

 予想通りと言えばそれまでだが、スタート間もなく便意
と闘う羽目になり、11㎞過ぎにトイレに駆け込む始末。
これで記録狙いはとは、『冗談はよし子さんでしょ!』

 しかし、4時間切りを諦めてはいませんでした。アラー
ムと必死に格闘! その苦しい最中、奇跡が起きました。

 『むらか〜み! 頑張れ〜!』
 26㎞手前両国橋交差点辺りに聞き覚えのある声が響き
渡りました。福岡から応援に来てくれた同窓生羽田野くん
の声でした。傍には同じく同窓の園田くん!

 浅草雷門で折り返して再び同じ場所30㎞地点で二人と
しっかり声を交わしました。涙を催しそうな感動。本当に
ありがとうございました!
 園田くんがこの時撮った写真を送ってくれましたが非公
開です。それは歯をむき出しにし顔を歪める醜い顔。つま
り、顔晴る顔でなく顔歯る顔そのものだからです。(笑)

 前後に多少なりとも良いペースを記録できたのは、この
遭遇のお陰に違いありません。

 しかし、友の声援も、多くの方の激励メールも自分の実
力不足を完全に補ってくれる筈はありません・・。

 ネットタイム 4時間16分27秒でヘロヘロのゴール!

      水色の柵に掛かっているのは完走メダルの束
 そこにはまた園田くんと羽田野くんの姿がありました。
ガッチリ感謝の握手! そして送ってくれた写真。


 こうして我が東京マラソン 2016 は終わった。
 ボランティアの皆さん、沿道の応援の皆さん、そして羽
田野くん、園田くん! 本当にありがとうございました。
今回の完走は皆さんのおかげです。


 またしても残念な結果になりました・・。・・。・・。

 一昨日東京マラソン、昨日夜帰宅、そして今日。階段の
下りが少し辛い状況。朝のあいさつ活動は再開したけど、
体が重く気分的にもやや低調?

 こんな有様ですから、実はまだ自分の完走タイムも知り
ません。毎度のことだがゴール地点でGPSを止めるのを
忘れたため、ガーミンでの記録は走行距離 44.38㎞、タイ
ムは4時間31分28秒・・。

 ゴール後の距離と時間を差し引いて概算すると、

走行距離 42.58㎞ グロスタイム 4時間12分30秒
走行距離 42.19㎞ ネットタイム 4時間 7分30秒

ネットタイムで何とか10分は切った筈、多分・・。ネッ
トで検索すれば正確に分かるのだろうけど、この速報記事
をアップしてから調べることにします。

 今回は反省も交えながら、先ずは前日のことを。

 27日、朝5時前に起床し携行物を再度チェックして大
濠公園へ! 30分間のJOGで4㎞走った。その後朝食を
摂り、9時福岡空港発で東京へ。羽田から真っ直ぐ受付会
場の東京ビッグサイトへ直行!


 人の多さに先ず圧倒される思い! 3日に分散しての受
付にもかかわらず、大会前日にもかかわらず、 人込みの中
にはランウエアに身を固めた人物多数! 中には、外国人
あり、コスプレあり、何でもあり!

 人の多さ、会場の広さ、あらゆる規模の大きさに圧倒さ
れる思い・・。さすが参加36500人の大会です。

 そろそろ昼も近い。食事もしなければと思うものの、順
路があり会場を出るのもままならない・・。協賛企業の展
示スペースも多く、何より人が多すぎる・・。


 かの高橋尚子さんのマラソントークのコーナーもあった
けど、腹は減るわ、人込みに疲れるわで、 華麗なるトリッ
クプレーでスルー!


 こんな会場周辺で食事が出来る筈も無し・・。やっと見
つけたバスで大脱走! スタート地点の確認と、宿泊ホテ
ルの確認のため新宿へ向かいます。

 新宿に着くと、真っ先に明日に備えて第2ゲートを確認
します。次の写真のガード辺りになるようです。写真を撮
る私の脇をマラソンに出場するらしき外国人ご一行様がぞ
ろぞろ通り過ぎました。日本人として頑張らねば?


 この時既に3時過ぎ、昼食は、まだ食べてない・・。
 更にここに来て気付いたのがランの補給食の買い忘れ!
早速スポーツショップを探します。しか〜し、格言に曰く
探してる時に限って見つからないスポーツショップ? し
かも、今は外国人の私・・。スマホも使わないし・・。

 散々歩いて偶然見つけたのがASICSの店! ASICSファ
ンには有り難い偶然。感謝!感謝!感謝感激雨あられ?

 この時既に5時近く、再び『限って見つからない』店を
探してやっと昼食兼夕食にありつくお粗末・・。

 ホテルに着いた頃には既にマラソン完走気分。疲れ果て
ておりました。(笑)

 本日の反省:
 ①携行品のチェックは出発(レース)前日までに完璧に
 ②レース前日は極力予定を入れず、ゆとりある行動・早
  めの夕食を
 ③宿泊を伴うレースでは出来れば前々日に現地入りを

 しか〜し、本日最大の反省点は実はこの後に発生した。
即ち、レース前夜になってのGPS設定変更である。『総
てが実力』それはその通りだがGPSの設定変更は今回最
も悔いの残る点である・・。
 何でもブログに掲載するのは考えものと反省・・。

 とんでもない迷惑をかけてしまった。maple-tutumiさん
が運転をしますと、朝3時我が家に来てくれたのだ!! 

 片道300㎞近い周防大島にハーフマラソンに日帰りで
行く、という我が暴挙に呆れ・心配して運転役を買って出
てくれたのである・・。

 途中時には激しい降雪に見舞われながらも6時半過ぎ周
防大島到着! やっと夜が明けようとしている。

 周防大島大橋は未だ夜の帳の中。


 東の空が朝焼けの色を濃くし始めている。


 7時半前、周防大島町陸上競技場に到着。車内で朝食を
摂り時間を潰す。兎に角寒く風が強い・・。しかし、眼前
に広がる海と青空は息を呑む美しさ!


 スタートは10時10分、競技場には選手の長蛇の列。
男女合わせて1700名ほど。風は収まってきた!


 例によってGPS の操作に手間取りながらスタート。7㎞
位までは起伏の具合を確かめながら走ると決める。いつも
と違って、フォーム・上体のリラックスに意識を向ける。

 青い海と空、遠く望む島々に心が弾み自然に顔晴れる感
じだ。起伏はあるが、前日町内の激坂ルートを体験した身
には大して苦にならない。それ程 GPSを気にすることなく
走りに集中できた。シニアランナーにはついつい対抗心を
燃やしてしまったが・・。


 折り返し地点まで来た時、まだ余裕がある感じだった。
沿道の所々で声援して下さる方に感謝してハイタッチを求
める数少ない?ランナーの一人になった。

 残り7〜8㎞の最後のアップ・ダウン区間に来た時、依
然ゆとりがあるのを感じた。上り坂でランナーを追い抜い
ていく自分がいた! 18㎞地点前後で一瞬太腿が攣りそ
うになった・・。今回唯一不安が心を過ぎった場面だ。

 しか〜し、それなりに走ろうと思うことが出来た。いや
却って攻めの姿勢に転じたかも知れない! 徐々に加速し
たのだ。ここが今回一番の収穫!

 それは、5㎞毎の平均ペースを見れば明らかだ。
 1㎞〜 5㎞ 531(1㎞5分31秒ペース)
 5㎞〜10㎞ 526
10㎞〜15㎞ 522
15㎞〜20㎞ 519
20㎞〜21㎞ 508
  全 体   524

 これは初めての快挙じゃなかろうか!?
ゴールまで最後の3㎞ほどの走りは我ながら快感!!

 ゴールでは、周防の梅が我が勝利を祝ってくれた。


 ハーフの自己記録更新はならなかったが、手応えを感じ
ることが出来る走りだった。
 グロスタイム 1時間55分14秒
 ネットタイム 1時間53分48秒(ガーミンタイム)

 さて、東京マラソン最初の10㎞をどう走る?  これが
今一番の関心事である。

 会場近くの店で食べた海賊定食の味は格別だった!


 maple-tutumiさんに甘えて完走ビールで良い気分!
車窓からの眺めに楽しい会話、大満足のレースなり!

 ゴール後の海鮮丼は絶品。 流石壱岐! 鮮度が違う、
壱岐がいい。いや生きがいい! 来年も是非!!


 今日は10日、新年最初のレース。壱岐の島新春マラソ
ン大会に挑んだ。朝7時一緒に出走するT原さん夫妻が迎
えに来てくれた。8時発のジェットフォイルで壱岐郷ノ浦
港に9時過ぎ到着。タクシーに乗って芦辺港に近い会場へ
急いだ。

 いろいろな種目が設定され、既に会場は沢山の参加者で
賑わっていた。受付を済ませ着替えを済ませたと思ったら
間もなくスタート。ウォームアップどころではない・・。

 取り敢えず520(㌔5分20秒)ペースを目標に走り
始めた。10㎞辺りまでの課題:
① 上り坂に対し攻めの姿勢が足りないし、ヒルトレーニ
 ングが出来ていないため脚力も不足。

 12㎞以降の課題:
② 自分なり練習なりに自信が持てていない。従って、目
 標ペースを維持することより完走すること歩かないこと
 を考えている・・。

 18㎞以降の課題:
③ 坂区間が終わりフラットになっても攻めの姿勢に転じ
 ることが出来なかった・・。

④ 最後の1㎞ペースを上げる余力があった。即ち、それ
 まで走りに集中できてなかった・・。


 今日のレースの結果
 平均ペース  0〜 5㎞ 515  5〜10㎞ 524
       10
〜15㎞ 535 15〜20㎞ 550
       20〜21
㎞ 528 全コース  531

 一番欠けているのは、自分を信じる心と攻めの姿勢!

 余り練習期間はないが、ヒルトレーニングに時間を割い
て坂への苦手意識を少しでも減らそう! 2月7日周防大
島ハーフでは何としても自己ベストを更新しよう!

 それにしても沿道の声援には力を貰った。参加者名簿を
片手に名前での応援は嬉しかった! 住民挙げて大会を盛
り上げようとする意気込みを感じた。関係者の皆さん、本
当にお世話になりました!

 贅沢な海鮮丼を食べた後は、店の方に車で港まで送って
頂いた!


 写真を撮るゆとりはなかったが海を主役にした素晴らし
い眺めは疲れを癒してくれた。そして、何より暖かい声援
が走りを後押ししてくれた!



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30
最新コメント
[06/12 Cycle 86]
[06/11 pe]
[05/30 Cycle 86]
[05/29 グレッグおかぽん]
[05/29 Cycle 86]
[05/29 uruman]
ブログ携帯版