人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
 ある男性が不眠症になって睡眠薬をもらった。医者から『この薬は非常によく効くので、五錠を限度にして下さい。それ以上飲めば必ず体がおかしくなる。十倍飲めば、死にます』といわれていた。
枯れて苔生すミヤマキリシマ?
 しかし、その男性は破産したか彼女にふられたのか、理由ははっきりわかりませんが、あるとき死にたくなって五十錠飲んだ。
 そしたらとたんに体調が悪くなり、救急車で病院に担ぎ込まれて集中治療室で手当を受けた。
平治岳登山道(1)
 そこにたまたま彼に睡眠薬を処方した医者が居合わせて「実は、こちらのミスで薬を間違えてわたしてしまった。あれはいくら飲んでも大丈夫なんですよ」と打ち明けた。すると、彼はたちまち元気になり、ベッドから起き上がってさっさと歩いて帰ってしまった。(村上和雄著「幸せの遺伝子」より)

 これは、人の思い込みや気持ちの持ちようが、如何に大きな影響を及ぼすかを示しているようです。「気から病むのが病気」の好例でしょう。

平治岳登山道(2)
 季節の変わり目のせいでしょうか、先月30日の唐津ラン前後から、身体が重く疲労感を覚える日々が続いています。実は、3日の平治岳登山は体調不良を理由に不参加さえ考えました。しかし、登山開始早々に自然の持つ力にすっかり癒されました。

 登山の疲れを感じながらも、気持ちは前向きで、4日は大濠ペース走。5日は油山へ自転車を走らせます。疲れは更に蓄積、しかし気持ちは揺るぎません。6日、敢えて苦しいインターバル走を選びます。かつ、1㎞6本に挑戦。

 晴天で日射しが強い中、金星太陽面通過の観測者たちを尻目に、弱い自分を押さえつけながら走ります。感覚的には3本目からは5分以上かかっていると思われました。足取りも覚束ない感じです。しかし、結果は最後の1本を除きまずまず。
ミヤマキリシマ
 自転車を始めて、挑戦することの楽しさに目覚めた私ですが、その姿勢を本当に自分のものとするのは簡単ではありません。これからも一喜一憂の日が続くのでしょうが、それを楽しんでいる自分がいる限りは頑張りたいと思います。自転車とランを人生を楽しむためのプラシーボ(偽薬)として!いやいや、偽薬なんかじゃなくて本物の薬だと、、。
主役の陰にひっそりと
 今日8日、油山ランを決行。走る時になって陽が射しムシムシ暑くなります。全身濡れ鼠。脚にはぴくぴく痛みが走ります。亀走りと言うより、芋虫の走るが如し!ヘロヘロ状態で何とか完走。しかし、注意力散漫。データを採るための簡単な操作さえ忘れて、走行データの信頼性は限りなく?
 しか〜し、そんなアップアップの自分をおもしろおかしく見ているもう一人の自分がいます。「結構頑張るじゃん」と冷静に見つめている自分がいます。まだまだギブアップは致しません!

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/20 Cycle 86]
[07/20 Cycle 86]
[07/20 ryo]
[07/20 堤 里砂]
[07/19 Cycle 86]
[07/19 グレッグおかぽん]
ブログ携帯版