人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
 『病は気から』まさにその通りでした。
 ただし、『気から病になる』のでなく『病を気で治す』展開。19日に高校の友人たちに刺激を受け、その後は連日50㎞前後を走行。29日には約130㎞、月間走行距離は 1136㎞。もっとも体重の方は、昨年4月以来の70㎏超えで高値安定。危険水域をさまよう毎日!こちらの対策も急務?

 29日は、6時半出発。暑い日差しを避けようと、南畑ダム沿いを走り東脊振トンネルを目指します。五ヶ山ダム建設に伴う自然破壊への罪滅ぼしか、道路だけは整備され走りやすくなっています。

 トンネルを抜けると佐賀県。今回は珍しく遠くまで見通しが利き、中腹にある道の駅からは、遠く雲仙普賢岳がはっきりと見えます。(写真右・中央部) また、耳納山地の山並みの先には阿蘇の姿も!(写真中)
  

 夏は平野部でなく山に限ります。気温が4〜5℃は違う。
 麓に下るにつれ温度が一気に上昇。35℃はとっくに超えています。ひたすら筑後川、そしてうなぎ屋「立花荘」を目指して走ります。

 猛暑日でも、河川敷の緑に囲まれた道路は気持ちがいい。空の色や赤とんぼに秋の気配を感じながら快走。もっとも頭の中にあるのはウナギだけ!『ウナギ〜』『ウナギ〜ッ!』と料理を思い浮かべ、その匂いを求めて爆走。(笑)
 

 ご覧下さいせいろ蒸しのボリューム!頭の先から尻尾まで、まるまる一匹。厚くプリプリの蒲焼きが二列一段。その上に『これ以上は並べられません』とばかりに、長いのがデェェ〜ン

 優に70㎞超を走り腹ペコペコの我々も大満足!タップリ1時間半。口腹を満たし疲れを忘れ、至福の時を過ごしました。

 この後に、帰路の暑さ、きつさを書き連ねるのは野暮というもの。ご想像にお任せします。ただ帰宅後、顔が額とその下でツートンカラーに焼き分けられていたことだけを報告いたします。


コメント
うまそうです♪
やっぱり、精をつけるにはうなぎですね!


しかし、でかいですねえ(^◇^)食べたい!!


当方は、剣道にチャレンジ・・・、した途端、肉離れを起こしてしまいました・・・トホホ。


運動不足と目方を恨みました・・・。約一ヶ月はかかりそうです。今度は基礎体力をつけて、再チャレンジです!!頑張ります!!
【2010/09/01 20:38】 NAME[中村健一] WEBLINK[] EDIT[]
うまかったです♪
「立花荘」 初めて行ったのは、かれこれ30年以上前のことです。
まるまる一匹のボリュームと、野性味というか、豪快さというか、
「うちは味だけで勝負しとります!」的なところが気に入っています。
柳川の上品な味とは、ちょっと違いますね。
始めた途端に肉離れとは!
かつての少年剣士も形無しですね。
お大事に!
自転車は、その点手軽ですよ!乗り換えませんか(^_-)
【2010/09/03 16:00】
無題
こんばんわ。
食通のH山さんをして、「こんなに旨いウナギは食べた事ない」と言わしめる程美味しんですか?
凄く食べたいですね。
今度の釈迦岳の昼食はココにしましょう!(笑)
【2010/09/01 21:36】 NAME[エロビス] WEBLINK[] EDIT[]
立花荘。グーーー(>_<)です!
今度の釈迦岳、10月末か、11月ですかね。
この暑さがいつまで続くかが問題です。
今日、暑い最中三瀬を50×23で上りました。
タイムは平凡。しかし、根性だけは付く気がします。
気分的に、、。実際は、、、単なる自虐行為?
連続3000日のイマさん始め、ガンガン走る人が多く、引退できまへん!
玄人好みの激坂ハンティングばかりでなく、
Cycle 86にも顔出してください。待ってますよ!
【2010/09/03 16:27】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 28 29 30
最新コメント
[06/12 Cycle 86]
[06/11 pe]
[05/30 Cycle 86]
[05/29 グレッグおかぽん]
[05/29 Cycle 86]
[05/29 uruman]
ブログ携帯版