人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[877] [874] [876] [875] [873] [872] [871] [870] [869] [868] [867]
  13日土曜、高校同窓の羽田野君、大石君と井原山登山に
 出かけた。朝9時羽田野邸で合流、大石君の運転で瑞梅寺登
 山口へ向かった。

  大石君とは互いに名前を覚えている程だが、百年の知己の
 如く打ち解け話が弾んだ。同窓生とは、時の溝を埋める瞬間
 強力接着剤だ!


  山が共通の趣味で今回の登山が実現したようなものだが、
 俄登山家の私の登山歴は三人の中で断トツのビリ、山登りを
 楽しむようになって精々4〜5年である。

  今の時節の木々の緑を何と言うのだろう? パステルカラ
 ーの優しく柔らかい緑。生命の力を感じるが、もう少し季節
 が進んだ頃の命溢れ滴る感じとはちょっと違う。





  アンノ滝(庵の滝?)は、滝と言うにはあまりにも水量が
 少なく少々残念だった。このところの雨の少なさの表れだろ
 うか。ザアザアと流れ落ちる様をもう一度見てみたい。

  登るにつれ樹々は芽を着けるばかり、ミツバツツジの花が
 楽しめるのはもう2週間ばかり先のことか? これからしば
 らくは生命爆発の時季、その先は蒼翠の緑滴る夏!






  登り始めて2時間少々、井原山山頂到着!


  山頂はやや風強く肌寒さを感じたが、温かいカップラーメ
 ンで小腹を満たせば、360度の眺め最高!

  遠く望む有明海

  糸島

  福岡市街地




  山頂からの眺めも素晴らしいが、道すがら眼福に預かった
 いろいろな花にも心が弾んだ。もっとも、特に野草について
 はほぼ全て名前を知らないのは残念なことだった・・。

  以下、拙いコメント抜きで花を眺め、山の春を感じていた
 だければ幸い。













  最後の写真は樒(シキミ)だと思うがどうだろう?

  今日はランは割愛、体のバランスを意識しながら山歩きを
 楽しんだが、心身共にリフレッシュされた!  GARMINの操
 作ミスで走行距離?だが、往復10kmとしておこう。

  持つべきものは友! この佳き一日に乾杯!

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/04 Cycle 86]
[12/03 西浦淳也]
[11/07 Cycle 86]
[11/07 堤 健一郎]
[11/04 Cycle 86]
[11/04 堤 健一郎]
ブログ携帯版