人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 何となく梅雨入りしそうな雰囲気ですね〜〜。今週1週間どうなる?それで決まるのかな?水不足だけは御免ですが、最近の雨は・・。

 さて、26日ARKバイキングツアーでした。門司港レトロツアーの途中で偶々見つけた店、そこをわざわざ自転車で訪ねるとは何とも酔狂なことです!


 ただし、他用あって『麦の香り』のパンを食してツアーを離脱し帰宅したまっこちさんは風流人としておきます!


 暑さでガリガリ君の世話になる回数と乳酸値だけが増えます。しかし、料理がちらついて誰もギブアップしません。

 そして、やっとARK!最初に取った料理がこの二皿。


 余りの品数に全メニュー制覇など誰も思いません。はち切れそうな腹ごなしは店前広場のスーパーカー見物。


 フェラーリ、ランボルギーニ等々の車が10数台。しか〜し、重さ当たりの値段で比較すれば我々の自転車の方が勝っている!?
(庶民のやっかみ?)

 既に午後1時をまわってますが、満腹パワーで門司港レトロまで更に自転車を走らせます。

 これが更にツキを呼び込む。先ずは巨大貨物船との遭遇!


 レトロ地区では、海上自衛隊練習艦「しまゆき」が公開されているのに行き会わせます。


    

 更に、すぐ側では海上保安庁巡視船「きくち」も公開中。


 尖閣周辺海域で過酷な任務に就き活躍する巡視船への応援気分もあるのか?多くの見学者で賑わっていました。
 自転車仲間のグレッグさんの地元だからでしょうか?まさに僕たちラッキーマンの一日でした!

 門司港から帰路に就いた時、既に午後2時をまわっていました。暑さの中、苦しい走りとなりましたが、バイキングパワーが炸裂したか?後半もペースは落ちることなく6時過ぎ帰宅!ビールで渇いた喉を潤しました。本日走行170㎞。

 しか〜し、ランではツキに見放された状況!
 2年連続出場の下関海響マラソン見事落選。受け付け開始2時間で定員オーバー!現在抽選枠にエントリー中・・。
 元々抽選制の四万十川ウルトラマラソンも当然抽選待ち。くじ運のない私には不安な待ち時間・・。

 そこで、今日抽選漏れの心配のないイベントに申し込み完了しました。『12時間ナイターリレーマラソンINグローバルアリーナ2013』にソロエントリー!100㎞走破を目標に夏の夜に熱く燃えます!

 半年も経とうかというこの時期、相変わらずスローな自転車に活を入れるには、やっぱり得意技「宣言作戦」「他力本願作戦」しかない?

 urumanさんから
20日のサイクリングの誘いがあり、渡りに船と飛びつきました。いくつかの候補からいろは島ツアーに決定。

 8時半スタートと遅かったけれど順調な走り。ふと春らしからぬ色に目が留まります。つい数週間前は青々としていた麦が黄金色!


 『麦秋』─── 好きな響きの言葉です。あざみと蝶もいいでしょ?
 11時には唐津着、唐津城の写真を1枚。


 今日のコースはこれからが本番。結構厳しい上りが続きます。夏を思わせる日射しと暑さで、何度も『ガリガリ君』のお世話になります・・。

 しかし、この景色がそんな苦労に報いてくれます!
 

 棚田のある風景の味わいも格別です。もっとも、、、棚田がある=厳しい上りがあるとなりがちですが・・。


 命の洗濯をして満足した二人。


 もう一度その絶景を目に焼き付けて帰路に、、。


 絶景効果か?自宅が近づくと共にスピードアップ!予想より早めの帰宅となりました。他力本願作戦成功で本日の走行距離137㎞。urumanさんありがとうございました。
 20日までの5月走行距離:
 自転車 540㎞ ラン 121㎞ 
(やっぱ厳しい・・。)

 12日の湯川山ツーリングでは晴天なのに霞んでいて遠くまで見晴らすことが出来ませんでした。


 昨16日、
相変わらず低調な自転車走行距離にいささか危機感。久々に即バイコースを走りました。ついでにこれまた久し振りに片江展望台に寄り道。
 展望台からの眺めが次の写真。


 午前中は曇り、午後になり青空もかなり広がったのに、晴れなのか曇りなのか判然としない。福岡の市街地は薄雲に包まれているかのよう。海の中道や志賀島も見えません。


 黄砂やPM2.5のせいだろうか?屋外での運動が却って健康の害になったりしないだろうか?一寸ばかり気に掛かります・・。と、一応言っておきますが言葉だけ。(自転車と)ランを楽しむのに、
いちいち気にしてられません!

 さて、15日迄の5月の記録。
 自転車 5月 333㎞ 累積 3331㎞
 ラ ン 5月  85㎞ 累積  909㎞

 自転車は相変わらず。しかしランは手応えも感じます。苦しさがつきまとうのは変わらないが、どうにもならない苦しさではなく、乗り越えるべくある苦しさと感じます。その違い?、、、は、よく分かりませんが・・。

 14日のランでは、日射しと暑さの中、弱気の虫と格闘。予定の10㎞を㌔5分30秒ペースで完走!つい1ヶ月前、㌔5分40秒維持に四苦八苦だったのが信じられません。目標は四万十!まだまだ頑張りま
〜〜す!
 今日12日は湯川山ツーリング。このところ自転車に淡泊な私には距離を稼ぐ貴重な日曜サイクリング。それに、気心知れた仲間と走る楽しさは何物にも代えがたい。

 さるテレビ番組で放送されたとか?宮地嶽神社の参道の景色を先ずは楽しんだ。


      

 湯川山への途中、お気に入りの景色の一つ、さつき松原からの海の眺めを楽しむ。青い海という言葉は正しいのか?ここへ来る度に疑問に思う。


 いよいよ湯川山にアタック開始!玄界灘に臨む波津の海岸から、標高471m の山頂を目指して上り坂と戦う。車止めの
チェーンをすり抜けて登る。
 車が通らないから落ち葉や木の枝が散らばっている。その上かなりの激坂で何度となくタイアがスリップ。冷や冷やしながらの格闘だ!
 多分この辺りの斜度の厳しさが一番か?


 頂上まであと2〜300メートル地点くらい?
 脚が痙攣する一歩手前、汗を流し、息を切らして頂上!
 そして、その苦しさの報酬がこれ!


 本日参加の4名揃って記念写真。


 酷使された自転車も絶景で機嫌を直してくれるかな?


 本日の走行距離117㎞。夏を思わせる暑さには閉口したが、素晴らしい景色、そして仲間との会話で命の洗濯をしました!一緒して頂いた皆さん!有り難うございました。空が澄み切った頃にまた是非、、、。

 断腸亭日録〜自転車日記に勝手にリンクさせていただきました。<(_ _)> 自転車に興味のある方、この中の「中村春吉『自転車・世界無銭旅行を読む』」を一読下さい。


 今回のとびしま海道ツアー最大の収穫は、この「元祖自転車野郎」中村春吉の碑との出会いだ。今治から岡村島へ向かう渡船で地元サイクリスト
(お名前を聞かなかった(>_<)  から得た情報で御手洗(みたらい)の天満神社でご対面となった。

 誰がセットしたか、午前5時けたたましいアラームで目が覚めた。しか〜し、このお陰で素晴らしい一日が始まった。刻々と表情を変える日の出前後の美しさ!!


 さて、ツアー2日目は私らしいスタートとなった。宿のサンライズ糸山出発の段になってサイコンがな〜〜い!散々探した挙げ句に・・。これ以上はご勘弁を!(v_v)

 無駄にした時間を取り返さねばと、いきなり40㎞/h 超の猛ダッシュ。(_ _ )/
ハンセイ フェリーはゆとりで乗船。話に花を咲かせ、シャッターを押しまくりつつ、今治と来島海峡大橋に別れを告げた。


 岡村港から走ることしばらく、前方に3つの橋が見える。


 その最初の橋、岡村大橋が愛媛と広島の県境である。


 小さな島を二つ通って大崎下島へ入ると豊町。


 落ち着いた町並みが心身共にリラックスさせてくれる。
 少し進むと豊町御手洗、中村春吉の碑がある場所だ。一昔前、昭和の初め頃?の雰囲気が感じられる家並みである。
 
    

 御手洗はいくらでも時間が潰せそうな町。後ろ髪を引かれる思いで更に先を目指す!
 しかし、この後は強烈な向かい風!体力消耗を防ぐため先頭交替をしながら走る。今日も次々と橋を渡るのだが、2日続くとやや食傷気味。 

 もう橋の名前さえ気に掛からない。気に掛かるのは昼食!本州入りまでは無理かなと諦めかけていると、立派な店が目に入る。漁師料理『かつら』である。客が多く、順番待ちの客もいる。味に相応しい繁盛ぶり。 

 店の前の海の向こうには本州が見える!あと一頑張り。 

 空腹を満たした5人、周囲の景色を味わいながら一段と力強くペダルを踏み込む!


 もう何も怖くない。最後の安芸灘大橋を渡れば本州!!

 広島までかなりの距離が残っているが、ゴールが近づくと疲れも吹き飛んでしまう。むしろ加速気味に5両編成の我らは突き進む!
 広島駅屋上駐車場で、『やったぜ〜〜!』ポーズの我等。

 他のメンバーが交替で車を走らせる中、一人ウイスキーを五臓六腑にしみわたらせる私でした。皆さん本当にお世話になりました。<(_ _)>
 本日の走行距離約100㎞、ルートGarmin Data






カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/23 Cycle 86]
[08/23 Cycle 86]
[08/22 Piccolino]
[08/22 uruman]
[08/22 Cycle 86]
[08/22 kanaG]
ブログ携帯版