人生本番は還暦から!自転車を友として人生を楽しみ味わい尽くすことに挑戦。このblogはその記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
 連休最後、車に乗って1泊2日の輪行サイクリングを楽しみました。5日早朝4時、自転車仲間5人でしまなみ海道・とびしま海道ツアーに旅立ち!広島駅の駅駐車場に車を置いて、新幹線で新尾道に行きます。

 全員ワクワクウキウキ、駅前で尾道のポーズ!(^^)
 

 渡船で向島へ渡ると、いよいよ橋と海と新緑を楽しみながらの島巡りツーリングの始まり。
 最初に渡る因島大橋のスケールに、今回初訪問のメンバーは早くも圧倒されます。


 因島大橋で因島に渡ると次は生口橋。


 しまなみ海道の橋はそれぞれが違った造り。見飽きることがありません。生口島は平山郁夫記念館とたこ料理がお気に入り。今回は観光客が多く残念ながら・・。
 次は多々羅大橋。橋桁を吊すロープの模様が美しい!


 渡った大三島には、大山祇神社があります。


 楠や杉の古木が多く、写真は樹齢2600年の楠!


 神社傍らの延々数百メートル続く藤も圧巻です。


 大三島橋を渡るとはかた島。


 「はかた」と言うと、九州人なら当然「博多」を当てますが、ここは「伯方」島。塩のコマーシャルでご存知でしょうか?ここの塩飴はお気に入り、夏の運動時には欠かせない。

 伯方・大島大橋を渡って大島に入ります。


 大島を走る時はわくわくします。最後の、そして最大の来島海峡大橋への期待!主塔がいつ姿を見せるかと心が躍るのです。山の上から主塔がのぞいた瞬間は毎回ただただ感動!


 来島海峡大橋を渡ると近見山を目指します。
 目的はこの眺望! (是非クリック拡大してご覧を!)


 天にも昇った気分の我々です。(^^)


 天も味方して黄金色に輝く海も目撃!


 宿で夕食を待つ我々の眼前には一日の労をねぎらうかのような素晴らしい眺めが広がっていました。


 本日の走行距離100㎞超。感動ベスト3は、近見山頂からの眺め、黄金色の海、そして『ドリアカツカレー2人前』かな?カレーのその圧倒的ボリュームと旨さに他が霞みました。(゜◇゜)
ガーン 今回参加の全員がこのカレーを末永く語り継ぐに違いありません!σ(^^)
 27日の記事を書いた所で根気切れ、つうか、疲労感が半端じゃない!で仮眠、そして自転車の1000㎞ノルマは放棄。代わりに大濠にジョギングに出かけます。疲労感が並みじゃない。これはちとやばいかも?

 さて、28日(日)の事。これまた不思議な出会いで満ち満ちです。
 揃ったメンバーがいつもと違います。urumanさん、グレッグさん、ヒデローさん、トミさん、そして釣岳人のPEさん。豪華剛脚キャスト!

 先ずは東入部で、これから走る脊振山系をバックに記念撮影。もっとも誰が誰やらさっぱり・・。


 お次は曲淵ダムパーク、高校の遠足以来かな?
 年輪を感じさせるダム。新しいばかりが価値ではない!


 今日はダム湖も味方してくれた!この写真ご覧あれ!


 合成写真ではありませんぞ!一切加工無し。

 ここで最恐ローディーハンターlucky-pineさん出現!
 更に全員の闘争本能アップ!私はアップアップ・・。
 三瀬峠全員登頂で、三瀬ポーズを決めて記念写真。


 軽快に走るメンバー。


 しかし、私一人はマイペースを貫きます。(-.-;)y-゜゜

 三瀬峠〜東脊振の二林道終点のループ橋!記念写真撮影に余念のないメンバーを、お気に入りのアングルで撮ってみました。


 そして、いつもの道の駅吉野ヶ里での昼食。で、またまた不思議な出会いが、、。NHK佐賀の番組取材陣との遭遇。
 番組担当アナウンサーと記念写真を一枚。自転車がらみの番組だそうで、インタビューも受けました。


 そこに偶然?登場したのが釣岳人Daiさん!
 え〜っ、これって本当に偶然?出来過ぎ君でしょっ!
 多分、Daiさん一家も番組に登場する筈です。
 もっとも、NHK佐賀でしか見られませんが、、。

 偶然の連発にいささか食傷気味のところに、、、
 一人の男性登場。『自転車のショップ教えて下さいませんか』聞けば福岡に越してきたばかりだとか。後日の連絡を約してお別れです。今日の出来事も単なる偶然、、、?

 この後はそれぞれが家庭サービス。最短コースで家路に就きます。ローディーハンターの餌食になった私一人、lucky-pineさんと板屋峠経由で帰ります。しか〜し、囚われの身でなく(^o^)、景色を味わいながらの楽しいツーリングでした。
 シャクナゲに、


 新緑のカエデ、


 そして、満開!の桜越しの背振山。


 も〜〜自然独り占め!様々な人と自然との出会いに感謝、感謝の2日間でした。\(^O^)/

 さが桜マラソンの記事で、お世話になったOSさんとの劇的な出会いについて書きました。その後、完走者全員の記録が掲載された新聞を同走した maple-tutumi さんの分と合わせて2部届けていただきました。


 これほど劇的な出会いと交友がまだ待ち受けているかどうか、、。しかし、劇的ではなくとも、このところちょっといい出会いが続いています。

 思うところあって朝のあいさつ活動を始めました。27日で3週間、先に挨拶をして下さる方も増えてきました。
 小・中学生が休みのこの日、通りかかったジョガーさんとの話が膨らみます。
いつか一緒に唐津ランをと、、、更に女性ジョガーも加わり俄ラン談義。携帯番号も交換し、これからの展開が楽しみ!(^^)

 自宅へ戻る途中には、町内の方から挨拶と食べきれないほどの採り立てのサクランボを頂きました。


 これで気持ちが上向かなきゃ嘘でしょ。
 
朝から心ワクワクウキウキ〜です!

 剛脚自慢の予想される明日に備えしょうけ越へ出撃!
 このところ不調な上りでしたが、何とかアウター完登。


 気持ち良く、マリナタウンのモンベルショップへ寄り道。その帰りの室見川河口。すわ、巨大蟹出現?


 潮干狩りでした。σ(^^) それにしても凄い人出。
 気持ち良い一日に感謝、風呂を済ませビールで寛いでいると電話。近所の居酒屋の女将です。外で飲むことの少ない私ですが、何故か出かける気になりました。

 そして、今日最後の出会い。ローディー氏との遭遇。店に入って言葉を交わすやすぐに話が弾みます。自転車そして人生を語りすっかり意気投合。30分の予定が時を忘れて楽しい時間を過ごしました。いつか一緒にツーリングを楽しむことになるのかな!?(^^)

 さが桜マラソンの後、筋肉の張りがあり力が入らない状況が続いてましたが、身体を動かすことで体調の回復を計ることにします。そして、19日540PR(㌔5分40秒のペース走)で10㎞を安定したペースで走ることが出来ました。何となく復活できそうな感じ!

 20日は雨を幸い休養して復活の流れに駄目押しします。

 そして、21日(日)長崎輪行ツアーに臨みます。
 曇天の強風下のツアーとなりましたが、スタート直後からハイペース。(>_<)ゞ 更にいつの間にか我々の中に加わったトライアスリート、向かい風の中35㎞/h前後のスピードでぐいぐい鬼引き!我々も負けずにぐいぐい・・。
 我々は玄海の荒波に翻弄される小舟状態?


 トライアスリートさんとは伊万里手前にある道の駅で別れましたが、スタートから伊万里市街通過までの平均時速は何と27.4㎞!強い向かい風に加え雨に降られる最悪条件下でのこのスピード、果たして長崎まで脚が持つのやら?

 不安を抱えながらも伊万里からは国見山を直登!
 曇天下にも変わらぬ素晴らしい景色に励まされ何とか山頂到着、、。


 ところが寒い寒い!長居は無用と絶景におさらば。佐世保目指して山を下ります。寒さに震えながら、、、(v_v)
 我々を温めてくれたのはHIKARIの佐世保バーガー!


 途中パンクのハプニングもありましたが、昼を過ぎる頃には徐々に青空が我々を励ましてくれます。もっとも肌寒さは続きますが・・。
 西海橋手前で撮った大村湾の絶景。
 

 そして、西海橋からの眺め。新西海橋が綺麗です。


 眼下の潮は、我々を吸い込まんばかりの不気味な迫力!
 大村湾沿いの道、追い風の筈が時折強い向かい風・・。晴天下の素晴らしい景色だけが救いの粘走でした。
 長崎も近くなって、大村湾のある最後の絶景。


 走行170㎞余り、流石に皆ヘロヘロ状態。江山楼の食事でやっと人心地がつきます。
 そして、長崎駅から輪行。JRでの帰宅。


 しか〜〜し、最後の締めは勿論車内宴会!楽しい思い出話に花が咲きましたとさ。(^^)
 

 翌22日、アップアップ状態ながら540PR10㎞。
桜マラソンからの復活を宣言します。\(^O^)/

 マラソン後のリハビリで昨日16日も出撃しました。切っ掛けは釣岳人さんのカエデの写真でした。緑の美しさにゾッコン!(^^)
 もっとも、最大の出撃の動機は三瀬峠ワースト記録更新の屈辱かも知れませんが・・。

 素晴らしい自然を求めてのポタリング。
 最初に撮ったのはキャベツ!?


 花に目を引かれました。町内の花壇の『葉ボタン』にそっくりだからです。そして、『菜の花』とも同じ。帰宅後調べました。
 ピンポーン!キャベツ、ブロッコリー、葉ボタン、菜の花等々、すべて同じアブラナ科に属していました。

 お次はシロツメクサとレンゲ。


 そして、お目当てのカエデ。


 曲淵のトンネル手前の写真ですが、一緒に写っている坂、一寸ばかりチャレンジ心を刺激します。次回はダム下手の広場を訪ね、ついでにこの坂を上ってみるか、、。

 三瀬峠は相変わらず低調な記録ではありましたが、前回よりは2分ばかりタイム改善。合格としておこう!(^^)

 峠を佐賀側に下り、金山林道、蛤岳林道に入ります。いいですね〜!瑞々しい緑、まだ、ムンムンとするほど密に繁っていない。木々の幹や枝との対比が素晴らし〜〜!


 そして、いつもの場所。


 あいにくの曇り空も気にならない。心が解放されます!
 それに、久し振りに立ち寄った道の駅のパン屋。女店員さんの『お久しぶりですね〜』で二林道の疲れが吹っ飛びましたね。σ(^^)いつも同じパンを買うので覚えてくれたらしい。店員さんの好みのパンでもあるそうな、、。

 因みに、筋肉の張りで苦しい二林道の走り、これを支えてくれたのはyamamenさん。yamamen流の俄タラハンターになり、タラの芽を探しながら気を紛らわして走ったのです。おかげで頸が痛くなったけど収穫6個。夕食のビールのつまみに化けてくれました。

 そして今日最後の写真はこれ。


 中央の橋脚に沿って延びる二本の杉。小河内の杉です。ここはやがてダム湖に没することになるのですが、地元の熱い要望に動かされ小河内の杉は移植されるとか。自転車仲間のグレッグさんの小河内御百度参りも続きそうです。(^^)

 まだまだ長距離を走るには心許ない状況ながら、自然満喫の一日でした。



カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/21 Cycle 86]
[03/19 maple]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 Cycle 86]
[03/18 maple]
[03/18 uruman]
ブログ携帯版